FC2ブログ


不可解だった古森結衣の「辞退」が『週刊文春』の記事で明らかにされた。

「“辞退”が“解雇”になって誰が得する」とかバカなこと言ってるヲタがいるけど、親としては、芸能界に復帰させる意思がないんだから、娘の名誉のためにも事実を伝えなければならないと思うのはアタリマエ。今後、48グループに入りたいと思ってる少女たちも、こーゆーことは知っておくべきだよ。

記事の詳細は…
AKB48の前田敦子“卒業公演”は記憶に新しいが、その千秋楽が行われた八月二十六日、博多のとあるイベンイホールでは、一人の少女の「お別れ会」がひっそりと開催されていた。古森結衣、十四歳、ほんの一週間前までAKBグループ・HKT48の一員だった。

だが、他のメンバー四人と同時に突然活動を辞退。その理由は“一身上の都合”だと公表された。

だが、真相は事実上の解雇。彼女の父親が娘の無実を訴える…。

「お別れ会は友人が企画してくれたもの、娘と一緒に、これまで応援してくれたファンの方に直接感謝の言葉を言いたかったのです。本当は『卒業公演』をやらせてあげたかった…。

でも、そもそも、なぜ娘が辞めさせられなければならなかったのでしょうか。娘は、一方的な理由で不当に解雇されたんです」

AKBの姉妹グループとして発足したHKT。結衣さんは昨年夏、その一期生に見事選ばれた。

「娘は以前からAKBのファンで自ら応募しました。私もまさか合格するとは思ってませんでした」

山口県に自宅がある古森家はサラリーマンの父、パートの妻、長女、二女の結衣、長男の五人家族だが、「博多の劇場に通える距離に住まないといけないので、急遽、博多にアパートを借り、中学も転校。妻も娘と一緒に博多に越しました。

ですが、山口には姉と弟の二人の子がいます。結局、妻は博多と自宅を何度も往復する生活になりました」

アパート代や交通費も馬鹿にならない。古森家は外食を減らし家計を節約。家族一丸となって結衣さんを応援したという。

「毎晩のように、妻と娘と電話で話をしました。会話はHKTの話題が中心で、メンバーの顔と名前をネットや雑誌で覚えました。年頃の娘ですし、あまり話をしようとしませんが、それでも、HKTのことは楽しそうに話していました」

だが急転直下の脱退。運営側に“二枚のイエローカード”を突きつけられた。

ケチのつき始めは、今年の四月。SNSで、古森をはじめ大勢のメンバーがファンとメッセージをやりとりしていたことが発覚。

「運営の方は娘に『イエローカードだ』と言ったそうです。ファンとは直接交流してはいけない、というルールを破ったということで。私も叱りましたし、娘も深く反省していました」

だが、八月上旬に次の事件が。メンバー四人がファンの専門学校生の自宅に“お泊り”したことが運営側に漏れたのだ。結衣さんと同時に脱退したメンバーたちである。この一件が彼女ら五人の脱退の引き金となったわけだが、結衣さんは連帯責任を負わされたという見方もされた。だが、父親はこう反論する。

「娘はお泊りもしていないし、まして密告などしてません。娘が二枚目のイエローをもらったのは、不審なメールのせいなんです」

八月十六日の夜、結衣さんのもとに差出人不明のメールが届いたのだという。そこには〈あ、おはようございます あのー〉とだけ書かれていた(右上写真)。

「娘は連絡がとれなくなっていたHKTの仲間だと思い、返信した。でも二~三通やりとりをしてメンバーじゃないと気付いた後は、無視するようにしたそうです。ですが、運営側はなぜかこのメールのやりとりを知っていて、その日の劇場公演中、ファンの皆さんに『古森も解雇だ』と。公演前、娘の携帯を取り上げ、脱退を迫ったんです」

その夜、結衣さんから泣きながら電話がかかってきたという。

「『ごめんなさい。ごめんなさい』『続けられない』と泣いているんです。私は博多に向かいました」

翌日、細かい理由を説明することもなく、運営側は一方的にHKTの解約書類にサインを求めてきた。

「早く処分したがっているようで『(脱退発表は)AKBのドーム公演にかぶせる』『話題はすぐ消える。そちらのためでもある』などという説明がありました。娘の話を聞いていた私は納得できず、サインを断ったのですが、その日の夜、東京からAKBの支配人がやって来て、妻や娘と会談しました。妻は言われるまま『合意解約書』に、なぜか私の名義でサインをした。私はその後も『メールの相手にも確認してほしい』と要望したのですが、連絡はありませんでした」

小誌が独自に取材したところ、メールの相手はHKTのファンA氏だった。驚くことにA氏は現在、解雇されたメンバーB子と親しい関係にあるという。

「娘に何度も聞きましたが『A氏との交際はない』と言っています。さらにB子さんからは『ウチらがまきこんじゃってたらゴメン』とメールがあったそうてす。しかし運営側は、娘の言うことをまったく信用してくれなかった」

さらに父親は、解雇が『辞退』と公表されてことにも怒りを覚えている。

「運営側は『解雇だとそちらの今後にも支障が出る』と言ったのです。『これ(辞退の体裁)は秋元康氏からの温情でもある』とも言っていました」

これらの証言について、運営側にも真相を聞いたが、「全てにおいて、そのような事実はございません」と父親の証言を全面的に否定した。

現在、結衣さんは実家に戻ったという。「今年は受験の年。とにかく今は勉強を頑張らせないと」と父親は無念そうに話を終えた。

2012.09.05 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4382-730f2563