fc2ブログ
TBSドラマ「サマーレスキュー」終わっちゃいましたね。あんだけ大騒ぎした「稜ヶ岳診療所閉鎖」は、翌年に再開されてて、「なんじゃい!」ってラストだった。w

てか、ドイツに行ったんじゃないのか? 向井理は…。ちなみに、ドイツでは3か月くらいの夏期休暇はフツーである。ただし、3年間留学してる医師がそれをするのは、留学費用の出所しだいだがw、どーかと思う。

それと、山で死人がぜんぜん出ないという不思議な話だった(話題には出てくるけどね)。

で、終わってから映画「岳―ガク―」に変えたとたん、ナオタの父(宇梶剛士)が転落して死んだ。リアルだな。(爆)

こっちは、いつも死ととなり合わせ。だいたい原作マンガじゃ、主人公の三歩が二重遭難で死んで(正しくは「消息を絶って」だな)終了なんだから。

オイラ、映画は映画館で見てるんで、「ほこ×たて」が終わってから、録画開始した。だから、録画を見ないで、1年数か月前の記憶で書いている。


見てる人は、三歩(小栗旬)の異常な身体能力をウソっぽく思うでしょうね。でも、山に行くと、異常な身体能力の人がいるんだよね。マジで…。w

ちなみに、オイラ自身、登りはフツーの人の1.5倍のスピードで登れたよ。でも、丹沢主脈縦走もどきをしたとき、健脚オジサンに抜かれてショックを受けた。w

2001年3月27日(火) 丹沢主脈縦走もどき

ちなみに、下りはフツーの人と同じ時間。理由は、下りの方がホントは怖いから。

あと、最後の部分での椎名久美(長澤まさみ)の行動は明らかにオカシイ。まあ、この部分、映画オリジナルなんだけど、ヘリでつり上げられてるロープ切らないって…。どこに落ちるか分からないんだから。尾根から転落しちゃったら、救助どころじゃないでしょ。

まあ、原作から離れた瞬間、ダメになる映画っていうのもあるからね。見せ場づくりは、やりすぎると、残念な結果になる。w

2012.09.24 | ├ テレビと映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4441-98c3385c