FC2ブログ


アッチ(木下あゆ美)と上原美佐が出てるんで見ました。あらすじは、

#5 カリスマ主婦が旧友を殺すとき

を読んでね。

わずか一滴で人を死に至らしめ、どんな科学捜査をしても絶対に検出されず、効き目は24時間後に現われる、完全犯罪を約束する究極の毒薬ですか。w

この話、ミステリーとして終わってるんじゃないかな。だって、「未知の毒薬を使ってはならない」という「トリックにまつわる暗黙の了解」に違反してるんだもん。w

「怨み屋本舗」と同じ構造の物語ではある。究極の毒を使う謎の科学者・松井十一(綾部祐二)を追う刑事・笹本直美(臼田あさ美)って、まるで怨み屋を追う寄木(やどろぎ)警部って感じだし。ドラマの主人公は、じつは、松井じゃなくて、今回なら、上原演じる大西冴子で、それにアッチ演じる河村真智子と、平岩紙演じる田村美保が絡むってところも…。

だけど、「怨み屋」なら、今回はどんな方法で復讐するのかって楽しみがあったけど、この話だと、毒薬使うに決まってるし、それが究極の毒薬だから、何の工夫もいらない。そうなると、毒薬使う人間の置かれた境遇とか、使うか使わないかの葛藤くらいしか、見せ場がなくなるんじゃないのかな。

「怨み屋」と同じ構造なのに、半分の楽しみしかないドラマだよね。

ぜんぜん関係ないけど、「暗黙の了解」には「探偵は第六感で事件を解決してはならない」ってのもあるそうだ。だとしたら、NHKの朝ドラ「純と愛」もミステリーではないんだな。(爆)

2012.11.04 | アッチ(木下あゆ美) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4568-5fa41e59