FC2ブログ
団地の温熱環境はかなり良いようで、室外の最高気温が18℃でも、室内は22℃くらいはあります。しかし、湿度が異常に低く、すぐに40%を割ってしまい、インフルエンザ警告が出たり、肌が荒れてきます。そこで、加湿器を買うことにしました。

加湿器には、スチーム式、超音波式、気化式、ハイブリッド式(過熱気化式)などがあります。もともとスチーム式を使っていたのですが、過熱するところに塩がこびりついて取れなくなって、使えなくなってしまいました。以前、妹が超音波式の加湿器を借りてきたので、それを買おうと思ったのですが、コチラの記事

加湿器の種類と特徴

を読んで、買うのをやめました。塩がいろんなところについたら、シャレにならない。それで、ハイブリッド式か気化式を買うことにしました。

団地のすぐ近くにケーズデンキがあるので、そこで加湿器を物色しました。団地の部屋は29畳(48㎡)ほどの広さなので、24畳用くらいは欲しい。また、ズボラな性格なので、あまりメンテナンスの必要がないものがよい。値段的には、気化式の方がハイブリッド式より安い。このようなことを考慮して、Panasonicの気化式加湿器 FE-KFH07-Aを買いました。


気化式加湿機 FE-KFH07

気化式加湿器の19畳用です。これに決めた最大の要素は、メンテナンスが容易なこと。フィルターが10年間交換不要なんだそうです。ただ、19畳用なので、能力的には弱いかも…。Panasonicの加湿器は、これより広いと大型加湿器になってしまうので、店に置いてなかった。

さっそく動かしたけど、そこは気化式、なかなか湿度が上がりません。3時間くらいかけて、33%から45%になってきました。気化式は、結露するほど強力じゃないので、「弱」で連続運転するという手もあります。消費電力もハイブリッド式の10分の1だし…。

2012.11.04 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4570-4d26b811