FC2ブログ
団地に住むと、光熱費があまりかからないんだね。w

もうすぐ12月なのに、部屋の気温は20℃近くある。掃き出し窓が単相ガラスなので、外が冷えてくると、さすがに早朝は16℃くらいまで下がる。さっそくカーテンを買ってしまった。新しく建てる家と、掃き出し窓の幅がたまたま一致していたので、流用可能だ。

11/28(水)、さすがに寒いので灯油を近くのガソリンスタンドまで買いに行った。だけど、石油ファンヒーターを1時間くらい使うと、22℃くらいになってしまい、サーキュレーターを回していると、止めてもなかなかさめない。

乾燥が酷かったので、気化方式の加湿器を買った。雨の日以外は、フル稼働状態で、相対湿度50~60%を維持している。洗濯物を干すため、掃き出し窓を開けると、窓に面した部屋はすぐに湿度が40%台に下がってしまう。朝になると、掃き出し窓が結露するな。

電灯も、引越しを機にすべてLEDにしちゃったので、あんまりかからないんじゃないのかな。ワット数で比較すると、白熱灯100に対して、蛍光灯20、LED15くらい。蛍光灯とは、あまりちがいがないけど、寿命を考えると、お得なのかな。少なくとも、取り替えるめんどくささは軽減される。

この団地は、1970年代初めにつくられたので、新しい団地ではない。それでもこの温熱環境。前の家(低断熱・低気密住宅w)がウソのようである。母親だけが、浴室が狭いとか、洗濯スペースが狭いと文句を言っている。まあ、浴室に鏡がないので、ヒゲを剃れないのはメンドクサイけど…。

集合住宅が増えると、エネルギー消費量が下がるんじゃないのかな。これは、「箱の家」の設計者である難波和彦さん(まだ東大教授だったっけw)も主張している。

新しい家は、高断熱・高気密住宅(しかもLow-E複層ガラス)だから、もっと住みやすくなるんだろう。w

2012.11.30 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

お久しぶりです。

現在、自宅の改築のためアパートに仮住まいなさっているのですね。

実は、3月に父が死にまして、父母が同居していたマンションで母と二人、実質「共同生活」をつい先日までしていました。

そこで感じたのは、「マンションはここまで気候に鈍感でいられる」ということ。ベランダが広いマンションでしたから、突風を伴わない普通に雨が降るくらいでは全く気がつかない。季節の変化に伴う冷暖や湿度変化も房も明らかにゆるくていい。

・・・で、いろいろ詩事情がありまして(^^;)、そのマンションの方は売却し、築50年を迎える、それこそ「低断熱・低気密住宅w」もいいところの旧宅に引っ越すことにしたのでした。

高齢の母のことも思い、それ相応のリフォームをしましたが、去年までとはほぼ比較にならないくらいには部屋を暖かくは今のところできてます。(ただ、風呂は寒い)

冷暖房費は上がるでしょうが、まあ、リフォーム前よりはしのぎやすく季節を廻らせられるとは思います。

きつねさんの新居が快適でありますことをw

2012.12.12 16:06 URL | こういちろう #BXy/Vbyc [ 編集 ]

ありがとうございます。

浴室が寒いのはたいへんですね。旧宅の浴室は、寒いなんてもんじゃなくて、真冬は息が白かった。w 血圧が、浴室の寒さで上昇し、浴槽に入ると急降下する。ヒートショックで誰も倒れなかったのが不思議なくらいです。wwwww

団地は築40年と、古さは旧宅とさほど変わりませんが、内装は変えているので、ユニットバスが暖かいです。でも、浴槽の高さが旧宅の浴槽よりあり、入りにくいのが玉に瑕です。あと、浴室自体が狭い。orz

新宅のユニット・バスは、TOTOの最新製品になる予定なので、楽しみです。

2012.12.12 16:51 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4634-9af84bd3