FC2ブログ
工務店がくれたインターホンの資料を見ていた妹が、カメラ玄関子機が1つしか付けられないんじゃないかと言い出した。

本体工事明細書に載っていたインターホンは、Panasonicの“どこでもドアホン”VL-SWD300KLだった。



どこでもドアホン SWD300KL | テレビドアホン | Panasonic

で、「全商品ラインナップ(機能比較表)」をみると、

全商品ラインナップ|テレビドアホン | Panasonic

たしかに1つしか付けられない。
家の敷地は、南北に長く、北側が5m道路、南側が3m弱の道路に面していた。現在の建築基準法だと、4m道路に2m幅で接していないと、家が建てられない。だから、新しい家の南側は、1m弱、セットバックすることになった。今までの家は、広い道路の北側が玄関で、狭い道路の南側が裏口って感じだった。ところが、住所も別の番地になっていて、やっかいなことに、南側が正式な住所になっている。

今までの家は、インターホンがそれぞれ付いていたが、壊れてしまった。まあ、それでも、声を出して呼べば分かるので、そのままでも平気だった。しかし、新しい家は、高断熱・高気密住宅で、外の音が聞きにくくなっている。しかも、断熱ドアには覗き穴がない。インターホンが必要なのだ。

困った。orz

しかし、さっきのラインナップを見ると、カメラ玄関子機が2つ付けられる機種がある。VL-SWD700KLは高価だ(オープン価格なので、正確には分からんが、価格comを見ると、やはり高そうだ)。でも、VL-SW500KLなら、なんとかなりそう。



どこでもドアホン SW500KL | テレビドアホン | Panasonic

これにカメラ玄関子機を追加すれば、南北どちらの玄関でも使える。ほかにも、VL-SV37KLやVL-SV36KLでもカメラ玄関子機が2つ付けられる。ただし、モニター子機が付けられないから、どこでもドアホンではなくなるが…。w

2012.12.20 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4672-12f1fd74