FC2ブログ
建て方とは、木造軸組工法(在来工法)において、柱を立て、梁を架け、筋かいと火打を取り付け、小屋組を設けること。SE構法の場合、若干ちがうけれど、似ている。

1/25(金)夕方、構造材が搬入され、土台敷きが済んでいた。



木造軸組工法では、土台に柱を立て、アンカーボルトで基礎に固定する。しかし、SE構法では、柱脚金物で直接柱を基礎に固定する。



柱脚金物には120×120の柱を取り付ける。
1/26(土)夕方、足場が架けられていた。


3階建てなので、かなり高い。


1/29(火)早朝、見に行ったら、柱が立てられ、梁が架けられ、2階と3階の床組ができていた。

北側から見た。


南側から見た。



1/29(火)、小屋組と野地板・屋根の断熱材張りが終わり、構造用合板が一部張られた。

北側から撮影。


南側から撮影。


東側のちょっと離れた場所から撮影。



小屋梁の上に、小屋束が載せられ、母屋が渡され、垂木が載っている。垂木の上には、野地板が張られ、断熱材が載せられている。

2013.01.30 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4745-69092e49