昨日の判決でまたぞろ重罰化の動きが始まりそう。てか、始まっている。

 京都府亀岡市で昨年4月、無免許運転の軽乗用車が集団登校の列に突っ込み、児童ら10人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷と3件の道交法違反(無免許運転)の罪で起訴された少年(19)に対する判決公判が19日、京都地裁であった。市川太志裁判長は「保護処分よりも刑罰を科すことで責任を自覚させるべきだ」として懲役5年以上8年以下(求刑・懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。

亀岡暴走:19歳少年 懲役5年以上8年以下不定期刑判決


 被害者の家族や遺族らは、刑罰の重い危険運転致死傷罪を適用するよう求めて署名活動を展開。20万人以上を集めたが、自動車運転過失致死傷罪の適用にとどまった。さらに無免許運転を危険運転致死傷罪の構成要件とするよう法改正を求め、東京で法相らに面会した。

亀岡暴走:「なぜ求刑より2年軽い」憤る遺族ら

しかし、交通事故での死亡者はどんどん減り、いちばん多かった1970年の1/4になりそうである。



【図解・社会】交通事故死者数の推移(最新)

被害者家族や遺族が重罰化を求めるのは、人情としてはよくわかる。しかし、交通事故自体が減っているときに、重罰化を求めるのはどうなんだろう。

少年犯罪といっしょで、酷い事件が多発しているときは、新聞はわずかな紙面、テレビもわずかな時間しか扱わない。だから、国民は、犯罪に関心を持たず、問題は放置される。しかし、犯罪自体が減ってくると、多くの紙面、長い時間をかけて、何回も報道される。結果、国民は、犯罪自体は減っているのに、増えているかのような錯覚に陥り、重罰化を求める。交通事故も似た状態になっている。

被害家族や遺族にとって、失われた生命、損なわれた身体機能は、絶対的で、けっして加害者を許すことはできないだろう。彼らが重罰を求めるのは、やむを得ないことである。

しかし、当事者でもないのに、怒っているキャスターって何なんだろうね。本来、冷静な判断を求められているのに、感情的になって…。

交通事故の重罰化って、ホントに交通事故を減らせることができるのだろうか。データを吟味しながら、冷静に判断して、結果を出せばよいと思う。

考えなしに、何でもかんでも重罰化しようとすることが、国民を不幸にしているとしか思えない。

2013.02.20 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

キャスターやアナウンサーが
コメンテーター化してますね。
オリンピックのときも、
お静かにお願いしたいです。
真剣に観てるときは、
わーきゃー言いたくないときもあるんだから。

2013.02.20 21:57 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

オリンピックのとき、解説者とアナウンサーがいっしょに「バンザイ!」って…。キモチはわかるけど、冷静に解説&実況して欲しい。w

2013.02.20 22:35 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4784-ed1cd961