fc2ブログ
「安倍総理、芦部信喜さんという憲法学者ご存じですか」
「私は存じ上げておりません」

  2013年3月29日の参院予算委員会、民主・小西洋之参院議員の質問に、安倍晋三首相はこう答えた。さらに他の学者の名前を挙げて質問する小西議員に、安倍首相は「つまらないことを聞く」とばかりの笑みさえ浮かべていた。

「私は憲法学の権威でもございませんし、学生だったこともございませんので、存じ上げておりません」

  ところが安倍首相が「知らない」と断言した芦部信喜氏(1923~1999)は、近年の日本の憲法学者では最も高名な人物だ。日本の憲法学の第一人者だった宮沢俊義氏の弟子で、63年に東大教授になり、84年まで教えた。のち学習院大に移り、86年から92年まで日本公法学会理事長を務めた。92年に刊行した『憲法』(岩波書店)は、大学の憲法学の教科書として知られ、現在も版を重ねている。93年には文化功労者にも選ばれた。

安倍首相「有名な憲法学者」の名にポカン 「芦部信喜知らないって…」支持者もドン引き

たしかに、一般人は知らなくても恥ではない。でも、政治家だと恥だよな。ちなみに、官僚は全員読んでいる。国家公務員試験の必読書だから…。w

オイラも持ってる芦部『憲法』。w ただし、オイラの持っているのは第4版。今は第5版になっている。なぜ持っているかというと、一橋大学を「倫理・政経」で受験するなら、読んでおきなさいと、かの「赤本」に書いてあったから。教える方も読んでおかないとね。w

まあ、自民党の国会議員なんて、芦部『憲法』読んでないでしょ。てか、憲法の本質を知らない(日本国憲法ではなく、近代市民社会が産み出した憲法の)。知らないから、「憲法に書かれている国民の義務が少なすぎる!」とか、「手続を簡単にしさえすれば改憲できる」とか、頭の悪い発言が頻発する。それが自民クオリティ。

安倍ちゃんはアベノミクスさえちゃんとやってくれれば、いいんです。(爆)

2013.03.30 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4844-d4474e2d