FC2ブログ
本日(6/22)、母親が家が傾いてると言い出した。2階の洗面・トイレ室と収納の扉がきっちり閉まらないのだ。

オイラが見たところ、上下(2400mm)で5mmくらい傾いている。まさか施工ミス? そこで、

床や柱、壁の傾き|住まいの健康診断|住宅保証機構株式会社

にある方法(5円玉に糸)で調べてみた。

最初に書いておくけど、5/2400は2.083/1000なので、問題のある傾き(3/1000以上)ではない。ちなみに、住人が傾きを感じ、健康被害につながるのは5/1000以上なんだそうだ。でも、新築住宅が傾いていたら気分が悪いので、調べてみた。

結果…
傾いていたのは扉の方だった。

まあ、これも施工ミスなんだろうけど、そもそも問題のある傾きじゃない。

母親はスキマからホコリが入るって言ってるけど、そもそも引戸なので、扉と扉の間に5mmくらいスキマがあるのだ。

しかし、女性は、男性よりも、ささいなちがいに敏感だというけど、ホントにそうなんだな。オイラ、ぜんぜん気がつかなかったよ。

2013.06.22 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/4958-de878604