FC2ブログ
イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の長男がジョージと名付けられたことで、なぜか所ジョージや高橋ジョージ(THE 虎舞竜w)や山本譲二がマスコミに取り上げられていたな。

山本譲二「ジョージ王子の誕生で取材殺到。気分がいい!光栄なことです」

今のイギリス王室は、ウィンザー朝と呼ばれているが、もともとはハノーヴァー朝と呼ばれ、ドイツのハノーヴァーの領主だったが、300年くらい前に血縁でイギリス王位に就いた。初代のジョージ1世が、英語が理解できないうえに、政治に関心がなかったので、議会の多数派であるホイッグ党の党首ウォルポールが政治を担当することになった。これが初代の首相となる。彼が、国王の信任ではなく、議会(下院)の信任を失って首相を辞任したのが、議院内閣制の始まりとされている。

その後、この王朝ではジョージを名乗る王が多く、エリザベス女王(2世)のお父さんがジョージ6世だったので、この子が国王になったら、ジョージ7世と呼ばれる。ちみなみに、チャールズ皇太子はチャールズ3世、ウィリアム王子はウィリアム5世となる。

近年のイギリス国王の名前は、むかし活躍した国王にあやかった名前が多いような気がする。“エリザベス”はイギリスをヨーロッパの強国としたエリザベス1世(処女王)から、“ウィリアム”は、イギリスの征服者で初代国王であるノルマン朝のウィリアム1世(征服王)、あるいは名誉革命のときオランダから迎えられたウィリアム3世、“ジョージ”はウィンザー朝(ハノーヴァー朝)の始祖であるジョージ1世にあやかっているのかな?

ただ、“チャールズ”だけは、ピューリタン革命で処刑されたチャールズ1世とその息子のチャールズ2世といった、きわめて不人気な国王の名前なので、皇太子は国民からあまり好かれていないようだ。wwwww

まあ、究極の嫌われ者は“ジョン”で、ローマ教皇(法王)に破門されたり、フランス国王と争って領地を失ったり(「欠地王」と呼ばれた)、貴族にマグナカルタを押しつけられたりして、ダメな王様の代表とされ、その後、ジョンを名乗る王様が現れないのだ。

生まれた王子様に“ジョン”って名前をつけたら、大爆笑だったんだけど、さすがにそんな名前をつける親ではなかったようだ。日本には、自分の息子に「悪魔」という名前をつけようとしたDQNがいるんだけどね。(爆)

2013.07.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

所さんとか山本さんとか、どうでもいいし(笑)

獅子王リチャードは候補にもなりませんでしたね。
あと、エドワードとか。

2013.07.25 21:45 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

エドワードは黒太子の方ですか? リチャードもエドワード黒太子も早死にしたので、選ばれなかったのかな?w

2013.07.26 02:01 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5011-83cd4261