FC2ブログ
正丸峠は、秩父と江戸を最短距離で結ぶ道で、秩父でつくられた絹を運んでいました。ここには、古い順に、旧峠、正丸峠、正丸トンネル(旧)、正丸トンネル(新)と4つの道があり、ここでいう正丸峠は2番目の峠です。ここにある廃墟茶屋が有名な心霊スポットだというのです。
問題の廃墟茶屋は、峠を通る道路に面して建てられ、うしろの右側は山の斜面で左側は崖でした。建物は、L字型をしていて、だいたい12畳くらいの広さだと思います。

廃墟茶屋正面

道路に面した側は、シャッターと雨戸で閉じられていましたが、雨戸はところどころ外れており、落書きされていました。また、崖の側は崩壊寸前で、とても危険でした。

写真の右側に写っている石段は、展望台に登る道で、そのまま行けば旧峠まで行けます。

石段と建物の間に通路が2つあって、右の通路には、よく見ると、雪かき用の赤いプラスチックのスコップがおいてあり、展望台の下にある神社に続いています。左の通路は建物をまわれるようになっていました。

神社への道


霊能者の寺尾玲子さんによると、建物のガス・メーターの前に何者かに殺された男性の地縛霊がいるというのです。地縛霊といっても、ふつうは少しは動きまわるんだそうですが、この霊は、ぜんぜん動かずに、誰かを恨みながら、崖を見下ろしたままなんだそうです。

地縛霊のいる場所、つまりガス・メーターはどこなんだろうと、建物のコーナーをまわった瞬間。「いっ…いててて…、いてえ!」 いきなり頭痛に襲われました。なんとそこがガス・メーターの前だったのです。電気メーター、七輪、バケツなどもありました。2本の斜めの鉄は壊れた階段。その向こうにトイレがあり、その下は崖です。

廃墟茶屋の裏手


このあと、伊豆ヶ岳に登ったんですが、頭痛が頂上につくまで続きました。

伊豆ヶ岳から見た武甲山



正丸峠map


注意!
冥帝さんによると、この廃墟茶屋は、2005年夏には、すでに取り壊されていて、存在しないということです。

2005.12.06 | └ 心霊スポット | トラックバック(0) | コメント(2) |

この神社は以前、結城瞳先生が霊視したもののようです。
結城先生は、廃屋は「何も感じない」と言ってスルーしていましたが....


2011.12.02 19:53 URL | #- [ 編集 ]

返事が遅れました。

こちらにも書いたのですが
   ↓   ↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/blog-entry-2689.html

これをきっかけに心霊スポットに行くと、頭痛になるようになりました。だから、何にもないってことはないと思いますよ。

2011.12.04 10:59 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/51-e7be919d