FC2ブログ
まあ、当然だろうけどね。

この夏、ファンの皆さんには大変な御心配をおかけしました。心からお詫び申し上げます。また、一過性脳虚血症という体調にも驚かれたことと思います。

 そういう複雑な状況の中で、今回の記事に遭遇し、非常に憤慨し、不愉快な思いをされたことと思います。僕自身が最大級にそうでした。こんな出来事が自分の身に降りかかるとは、夢にも思っていませんでした。まず、何より伝えておかなくてはならないことがあります。記事にあるような、違法なことは一切やっていませんし、あのような言動、行動に関しましても、一切ありません。

 ただ、僕にも不注意なことはあったかもしれません。音楽関係者と言って近づいてきた人がいました。非常に感じの良い人だったので心を許してしまいました。しかし、しばらくして、お金の話など怪しい言動がみえたため、すぐに関係を断ち切りました。向こうにすれば突然のことなので、裏切られた気持ちになったかもしれません。もしかしたら、その逆恨みが!? と感じることもありました。

 今回の記事にあるような依存性の症状などがないことは、前回のコンサートに参加して下さった皆さんには、はっきりと証明できていると思っています。それだけに今回の記事が事実無根であることは、皆さんが一番理解してくれていると僕は信じています。

 もちろん、反論すること、法的手段に訴えること、あらゆることを考えました。しかしながら、そのひとつひとつが時間の無駄で無意味なことに他なりません。

 ここで、闘うことが自分にとってベストな選択なのか? あるいは無視することがベストなのか? 正解はありません。もちろん、スタッフ・弁護士とも何回も話し合い、苦悩を共有してきました。僕にとって大切なことは何だろう? 何度も自問自答しました。

 自分は、音楽を創造するためにここにいるのだということに尽きます。自分の存在価値はそこに集約されていると思います。この悔しさは、音楽で取り払ってみせると決心いたしました。

 今現在、体調も回復に向かっています。毎日のように曲作りに専念しています。そして自信の持てる曲が出来てきています。

 こんな状況の中、多くの知人、友人らから、たくさんの電話やメールをいただきました。自分を信じてくれている方々から発せられる言葉の数々に、心から感謝をする日々でした。

 CHAGEには、心配・迷惑をかけ、嫌な思いをさせてしまい、申し訳なく思っています。

 また、延期になっているCHAGE and ASKAのライブも、個人的には、来年を目指し、何とか実現できるよう体調を整えたいと思っています。

 自分では、もう体調もほとんど戻ったと感じていますが、今は、しっかりと医師の言うことを聞かなければならないと思っていますので、何とか完全復活を目指して、許可を得られるように頑張るつもりです。

 これからどんな状況になろうとも、納得できる音楽を届けることが、僕の使命です。
 そして、今後の発表を、楽しみにしていただければと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

一連の報道について

「音楽関係者と言って近づいてきた人」が『週刊文春』にネタを提供した「暴力団関係者」なんだろうな。

「名誉毀損」で訴えればいいとか言ってるのがいるけど、ASKA側が立証しなければならないので、裁判はとてもメンドクサイ。だから、裁判を起こさないんだろうけど、訴訟しないから「黒」とか言ってるのがいる。ほんとアホじゃないかと…。

2013.09.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5131-8c95f58d