FC2ブログ
もりぽ(森保まどか)が出た「芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2014」の審査員がシロウトだった件について書いたけど…。w

もりぽがピアノを再開w

なんで、こんなことになるかっていうと、そこは制作者側にさまざまな思惑があって、そのとおりに採点させるには、クロウトだと都合が悪いのだ。

イカ天が流行っていたころ、妹の知り合いの音大生がイカ天に出たことがあった。音大といっても、学生はピンからキリまでいるわけで、そこに出たのはキリの方だった。しかし、ソイツらに頼まれて、助っ人としてピンの学生がたまたま加わっていた。

結果は、惨憺たるものだったが、審査員のチャーさんが、助っ人くんに「あんた、上手いねぇ」と絶賛していたらしい。チャーさんといえば、ギターがめっちゃ上手い人。彼は、ギターがホントに上手い助っ人くんをリスペクトしていたようだ。wwwww

同じような光景をNHKの「スタジオパークからこんにちは」で見たことがある。以前、「スタジオパーク」は、金曜日にアーティストが呼ばれ、トークとともにライブ演奏を聴視できた。元オフコースの鈴木康博さんがゲストで出るというので、たまたま見たら、いっしょにフラメンコ・ギターの演奏者(名前は失念)が出ていた。

その人の演奏を聴いた後、ヤッさんが「上手いっすね」って激賞していた。ヤッさんもギターの上手な人だから、超絶テクを披露したその人をリスペクトしてしまったようだった。

このようなことが起きないように、インチキ番組では、ホントのクロウトは審査員として呼ばないんだろうな。クロウトにとっても、ホントに上手くない人を激賞するのはツライからね。(爆)

2014.01.09 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5338-130ba188