fc2ブログ
フィギュアスケート女子シングル、浅田真央選手、惜しくも6位でしたね。

さて、イヤな話です。「出来栄え点(GOE)」ってご存じでしょうか? じつは、オイラもさっき知ったばかり。フィギュアスケートの「技術点」は、技術審判が採点する「基礎点」と演技審判が採点する「出来栄え点」(-3~+3)の合計となります。これに、演技審判が採点する「構成点」が加えられ、違反行為を「減点(ディダクション)」して、総合点を出し、最高点と最低点を除いて、合計するのです。

つぎのフリースケーティングの「演技構成表」を見るとわかるのですが、浅田選手は「基礎点」ではトップですが、「出来栄え点」と「構成点」を加えると、3位になってしまいます。そして、「出来栄え点」は演技審判がつけるので、「構成点」とほぼ同じ評価になります。

選手基礎点出来栄え構成点減点
ソトニコワ61.4314.1174.41149.95
キム57.4912.2074.50144.19
浅田66.346.6969.68142.71
コストナー58.4510.3973.77142.61
ゴールド60.648.9368.33-1136.90
リプニツカヤ59.576.7170.06-1135.34
ワグナー57.793.2866.92127.99
鈴木57.313.2665.78-1125.35


ホントに出来栄えが悪かったら、仕方ないんですけど…。浅田選手が、他の選手より高度な技を出しても、勝てない理由がこのへんにあるのかもしれません。「政治w」の介入する余地が「出来栄え点」にはあるわけですから。まあ、今回はショートプログラムのミスがメダルを逃した最大の理由ですけどね。

ちなみに、各選手の細かな採点結果はつぎの表にあります。

フィギュア女子 演技構成表

ただし、この表を見ても、「出来栄え点」は出ていません。「技術点合計(結果)」と「得点結果」の差が「出来栄え点」だからです。どうです。わかりにくいでしょ。わかっちゃったら、アレですから…。(爆)



嫌韓・嫌露でもないが、キム・ヨナの「基礎点」が低すぎる(鈴木明子とほぼ同じ57点台)のに2位とか、ソトニコワの「両足着氷」で最高の「出来栄え点」14.11とか、ネタが多すぎる。wwwww

(追加)
ソトニコワ選手のジャンプの高さは評価に値すると思いました。

演技直後のヨナ選手のオチコミ方はハンパなかった。結果を知っていた?


結局、「出来栄え点」って、技術審判への演技審判の介入ですよね。技術と演技、どっちがメダルを決めるかの主導権争いの観も否めないなあ。

(ネタ)
審判「買収されたんじゃない。脅迫されたんだ!
    ポ○ニ○ムで…」

2014.02.21 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5447-67e65794