fc2ブログ
「アンネの日記」を破る事件で、とうとう「模倣犯」登場か?

 東京都内の公立図書館が所蔵する「アンネの日記」や関連書籍300冊以上が破られた問題で、横浜市西区の市立中央図書館でも1冊に同様の被害が出ていたことが分かった。市は神奈川県警に被害届を出す方針。

 横浜市教委によると「アンネ・フランクの生涯」の最初の1ページが破られていた。22日に職員が関連書籍などを確認した際に気付いた。21日に市立の全18図書館で調べた際には異常はなかった。市は全図書館で「アンネの日記」や関連書籍を書架からカウンター内に移した。【山田麻未】

アンネの日記:横浜でも関連書籍破損 21日には被害なし

オイラが「模倣犯」だと思ったのは、今までの犯人が興味深い破り方をしていたからだ。

 私は海外報道から見たので、最初に「!」と気がつきました。本を破った人は、きれいにアンネの顔を残して本を損壊しています。見開きで2つありますが2つともそうです。

 これは、もしこの本の損壊が報道に出たとき、写真報道などで「アンネの日記が壊されていますよ」と、全世界のすべての人にすぐ分かるような、まるでテレビ番組の小道具のような破り方になっている。

 私も「題名のない音楽会」監督時代など「分かりやすい小物」に苦労したテレビ時代がありますので、とてもではないけれど、子供のいたずらではない、分かった人の計算された犯行(?)だと思いました。

アンネの日記を破った許されない“日本人”(3)

ところが、この横浜の犯人は1ページをまるまる破いている。これは、今までの犯人とは異なったやり口だ。ゆえに「模倣犯」の疑いがあると思ったのだ。

すでに、安倍ちゃんとそのお友だちの行動・発言によって、日本の国益は大いに毀損されているわけだけど、それに輪をかけることとなったこの事件、果たして犯人は何者なのだろうか?

2014.02.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5456-25dded08