fc2ブログ
深刻な副作用が報告されているのに、「気のせい」で片づけられている子宮頸がんワクチンなんだが、アジュバンド(免疫増強剤)として添加されている水酸化アルミニウムが、深刻な副作用の原因ではないかと指摘された。

 多くの副作用が報告されている子宮頸(けい)がんワクチンについて、国内外の医学者らが二十五日、東京都内で国際シンポジウムを開き、接種の中止を訴えた。厚生労働省の有識者専門部会は一月、副作用は注射の痛みへの患者の不安が引き起こす「心身の反応」が原因と結論付けたが、医学者らは、ワクチンの効果を高めるために含まれる特殊なアルミニウムが引き起こしていると指摘した。

 パリ大のフランソワ・オーシエ教授(神経筋肉病理学)は、ワクチンを注射すると筋肉内で白血球の一種の「マクロファージ」が過剰に集まり、アルミニウムを取り込んで分解できないまま全身へ広がって炎症を起こすとし、一部は脳にたまり、神経や認知の障害の原因になると説明した。

 シン・ハン・リー米エール大元准教授(病理学)は、子宮頸がんを引き起こすウイルスのDNAがアルミニウムに吸着し、人体に激しい自己免疫疾患を引き起こすとの見解を示した。

 ワクチン接種後に急死した三人の少女の脳を調べたカナダのブリティッシュ・コロンビア大学のルチジャ・トムルジェノビック研究助手は、シンポジウム後の会見で「これほど激烈な副作用が世界中で起きているのが現実。すべての国で接種を即刻中止するべきだ」と話した。

 厚労省は二十六日午後、専門部会を開き、現在中止している接種勧奨を再開するか検討する。同日午前、シンポジウムに参加した医学者も呼んで意見を聞く場を設けるが、専門部会の議論に反映させるかは分からないとしている。

子宮頸がんワクチン中止訴え、都内で国際シンポ 「アルミが副作用原因」専門家指摘

アルミニウムが原因で脳内のニューロンが死滅するって、アルツハイマー病と同じじゃないのか? ガチでヤバそう。

子宮頸がんワクチンの危険性は以前から指摘されていた。
   ↓   ↓
子宮頸がんワクチンの危険性

有効性が疑問視されている(とくに日本女性は有効性が低い。理由は上記サイトを参照)うえに、深刻な副作用を引き起こすワクチンなんて、ヤバすぎるぜ。

さらに悪い冗談がコレ…。
   ↓   ↓
男性が接種しても利点多い、子宮頸癌ワクチン

男性にも効くそうだ。頭頸部がんと肛門がんって…まさか? ってやっぱりそうじゃん。

なんでもかんでもワクチン使わせようとしてないか!(爆)

2014.02.26 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5458-9092b698