FC2ブログ
3/26(水)放送のBSプレミアム「幻解!超常ファイル」で平将門の首塚が取り上げられていた。

人類は本当は月に行っていない?NASA映像にUFOが?疑惑渦巻く陰謀を徹底検証!▽取り壊そうとするとたたりが起きる!東京最恐ミステリー・平将門の首塚の真実とは

月面で風が吹いた?宇宙空間なのに星がない?アポロ月着陸映像はスタジオで撮影?人類は月に行っていないのか?そして宇宙で撮影されたUFOや謎の遺跡…NASAは宇宙人の証拠を隠蔽しているのか?疑惑映像を徹底検証!あなたはこの映像の謎を、説明できますか? ▽東京最恐ミステリースポット・平将門の首塚。死者と事故が相次ぐ「たたり」の真相は?当時の記録から見えてくる、あなたの知らない東京のもうひとつの顔とは?

「アポロとNASAの陰謀!?&平将門の首塚」

1975年に放送された大河ドラマ「風と雲と虹と」を見て、首塚を見に行ったことがあったけれど、もともとは下図のような塚だったとは知らなかった。




この塚は、関東大震災後に大蔵省の臨時庁舎を建てるために、壊されてしまったそうだ。その後、大臣や官僚が死んだりして、「祟り」が流布された。どうも「祟り」は、新聞が広めたようで、大臣が急死したのは事実だが、大勢の官僚が死んだかどうかわからないらしい。そして、今ある石塔が造られたようだ。

戦後すぐ、米軍の駐車場をつくるため、再び首塚を壊すことになった。すると、ブルドーザーが横転して作業員が死んだ、という話が広まった。しかし、こっちも工事中に作業員が死んだのは事実だが、ブルドーザーの横転は確認できなかった。むしろ、神田明神(将門はその祭神の一つ)の氏子たちが、GHQに嘆願して、工事をやめてもらったらしい。

1980年代だと思うが、アパルトヘイトに反対し、ノーベル平和賞を受賞したツツ司教が来日し、日比谷公園で講演をしたことがあった。それを聞きに行った帰り、急に首塚を思い出し、見に行ったことがあった。もう日が暮れていたが、首塚に人影が…。「えっ!」と驚いて見たら、ホームレスが賽銭箱から金を盗もうとしていた。オイラに気づいて、ホームレスは立ち去ったが、「祟り」よりも金が欲しいんだろうな。生きるために…。

2014.03.28 | └ 心霊スポット | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5524-8e9a8bb3