FC2ブログ
いきなり最初からヘンなこと言いますが、ここは心霊スポットなんかじゃありません。だって、霊がまったく入れないんだもの…。8月15日が近づくと、いろいろ取りざたされるのが靖国神社です。ここには、2001年8月6日に行ってきました。ちょうど小泉首相の公式参拝で問題になっていた時期だったんで、いちどは行ってみたいところでした。いろんな意味でスゴイところでした。このときは、いろいろ頼りになる妹も連れて行きました。
九段下の駅で降りたときから、けっこうヤバイ雰囲気でした。やっぱり時期が時期だけにイパ~イ集まっているようです。何がって? もちろん霊ですよ。霊…。方向オンチの妹が「あっちでしょ!」って神社の方向がわかっちゃったりして…。

靖国神社案内図

まずはこのデカイ鳥居。「♪大きいことは(゚∀゚)イイ!ことだ」。おおむかしのCMを思い出してしまいました。

第一鳥居


デカ!

さらに、大村益次郎。コイツもデカ! この人、日本陸軍の創設者であり、司馬遼太郎の小説『花神』の主人公です。こーゆーあつかいは、本人には不本意なのではないかと思われるのですが…。

大村益次郎

逆光だ!

この大村益次郎のあたりが超ヤバいポイントです。やっぱり時期が時期だったんで、来るわ来るわ。えっ、何がって、霊ですよ。霊…。千鳥ヶ淵から内堀通りに沿って、わんさかやってきます。はっきり言って気持ち悪くなりました。妹がじゃなくて、当時、霊感のなかった私が…。

さて、道路を挟んで、向こう側に第二鳥居と神門が見えますが、その両脇に燈籠が2つあります。

第二鳥居と神門


燈籠(左)


燈籠(右)

旧陸軍と旧海軍がつくった燈籠なんですけど、戊辰戦争あたりから日中戦争までの青銅製のレリーフがはめ込まれています。

おおっ! 『のらくろ』にも出ていた爆弾三勇士


「杉野~! 杉野はいずこ!」の軍神・広瀬中佐


日本海海戦での東郷平八郎元帥

さて、第二鳥居に「下乗」と書かれているのですが、ここが問題です。ここに強烈な結界が張ってあります。このポイントをすぎると、異常なまでに清浄な空間が広がります。未成仏霊どころか、霊なんてぜんぜんいない空間。ヤブ蚊もいないんですよ。マジで…。

ちなみに、さきほどまで、わんさかいた霊の方々は、ここには入ってこられず、まわりをぐるぐるまわっております。救いを求めてきたのに、拒否される場所。ここっていったい何なんでしょう?

第二鳥居をくぐり、神門を通って、第三鳥居をくぐると、本殿があります。

神門


第三鳥居


本殿

つぎなる場所はここです。軍馬、軍鳩、軍犬の慰霊塔です。ここは、天皇の命令で死んだ生きとしいけるものが祭られる場所であって、たとえ戦争で死んだとしても、民間人は祭られません。そのちがいを思い知らされる場所です。

軍馬の慰霊塔


軍用鳩の慰霊塔


軍用犬の慰霊塔

さらに、さまざまな兵器が陳列されています。遊就館には入らなかったけど、見てくればよかったと、ちょっと後悔しています。

青銅百五十封度(ポンド)陸用加農砲

たぶん「キャノン砲」と呼ぶんでしょう。

砲弾

いちばんデカイのが戦艦大和の砲弾

八九式十五糎(センチ)加農


九六式十五糎(センチ)榴弾砲


陸軍八八式七・五糎(センチ)野戦高射砲


海軍三年式八糎(センチ)高角砲


人間魚雷・回天四型の胴体


東部ニューギニアの戦場で回収された遺品

飯ごう、水筒、軍刀(左)、ヘルメット(中央)、背嚢(右)

本殿の裏側もぐるっと見てきましたが、とてもキレイな場所でした。本殿には、おそらく神と呼ばれる者がいるのですが、それ以外なにもいない。とってもとってもキレイな場所でした。第二鳥居の外側とエライちがいです。

ここは英霊を祭る場所ってことになっていますが、ホントは何が祭られているんでしょうか? なぞは深まるばかりです。


靖国神社のサイトは下のとおり。

靖国神社

2005.12.06 | └ 心霊スポット | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/57-b2b2626a