FC2ブログ
“BLUE BIRD”が売れているようだ。「売り切れで、ないお!」というカキコが多いようである。オイオイ、オマエらが3種類(CDのみとCD+DVDが2種類)ぜんぶ買うから、なくなっちゃうんだよ。w “Bold & Delicious”、“Startin'/Born To Be”に比べてファンの反応も(゚∀゚)イイ!ようである。

…で、オイラはその状況に苦言を呈するわけである。
“Bold & Delicious”“Startin'”はサンボリックな歌詞で、“BLUE BIRD”はセミオティックな歌詞なんだよね。

サンボリックとは、自他を分け、コスモス(秩序)を生成する機能をあらわすのに対して、セミオティックは、自他の区別を溶解させ、カオス(混沌)に解体させる機能をあらわしている。

通常の言語は《A⇔非A》といったサンボリックな秩序(体系あるいは構造)をもっている。私は、あくまでも私であり、君や彼や彼女ではない(であってはならない)。しかし、詩的言語は《A=非A》といったセミオティックな混沌のなかにある。「灰色のビルの影に隠れて/じっとしてるものは何だろうって/目をこすりながらも のぞき込んだんだ/自分だったりあのコや君だった」(immature)。

精神分析では、サンボリックは「父」の機能を、セミオティックは「母」の機能をもっている。生まれてきた子どもは「母」と一体化した心的状態にあり、「母」は子に安心感を与え、それが他人との信頼関係を築く礎となる。しかし、それだけではダメなのだ。「父」は、子を母から引き離し、社会の規律を教え、一人で生きていくための現実感を与える。この2つの機能が人を人ならしめている。

あゆの歌詞には最初からこの2つの要素があった。しかし、圧倒的にセミオティックな歌詞が多かった。オイラは、最初にあゆの歌を聴いたとき、このセミオティックな歌詞が気持ち悪くてしょうがなかった。
君のその横顔が
悲しい程キレイで
何ひとつ言葉かけられなくて
気付けば涙あふれてる
きっとみんなが思っているよりずっと
キズついてたね 疲れていたね
気付かずにいてごめんね (YOU)
この自他の区別のない、「溶け合う心が私を壊す」(by 新世紀エヴァンゲリオン)的な温(ぬる)い感じがひじょーにキモかった。w

だから、こんな替え歌にして楽しんでいたのだ。
君のその横顔が
悲しい程ミジメ
何ひとつ言葉かけられなくて
気付けば涙あふれてる
きっとみんなが思っているよりずっと
キズついてたね 疲れていたね
気付かずにいてごめんね
アレ、言葉ひとつ変えただけで、すげ~煽りの文章になっちゃうな。じつは、コレがあゆの歌詞が詩的言語で書かれていることの証なんだけど、オイラの話す=聴く主体(=超越論的自我)が認識するより無意識のほうが先に気づいていたんだな。つまり、オイラもじゅうぶんセミオティックな人間だったわけだ。w

オイラが通常のファンと大きく異なるのは、オイラがあゆの歌詞に感動してファンになったわけではないという点なのだ。彼女がシニフィアンス(言葉=記号の解体と生成)としての能力をもっている人だからファンになったのだ。

だが、恐ろしいのはその後だった。あゆ自身が「私の中にマサという部分がつくられる」(浜崎共和国)なんて言っていたように、オイラのなかにあゆという部分がつくられちゃって、これがあゆの歌詞に反応して感動するのである。結局、歌詞に感動するようになっちゃったんだよね。w

さらに、ほぼ同時期にAAを描くようになったわけで、これまたオイラの話す=聴く主体(=超越論的自我)が認識するより無意識のほうが先にあゆはカワイイということに気づいていたんだな。(爆)

あゆにはシニフィアンス(言語の解体と生成)の能力があるなんて書いたけど、この解体と生成は“あゆ”という話す=聴く主体(=超越論的自我)にも作用し、彼女自身の自我を解体/生成してしまうのだ。つまり、彼女自身がどんどん変化してしまうので、それについて行けないファンが続出してくるわけである。

とりわけ、アルバム“Memorial address”で“Endless sorrow”(終りなき哀しみ)から脱したあと、強烈にセミオティックなアルバム“MY STORY”を発表し、サンボリックな歌がそれまでになく多いアルバム“(miss)understood”を出したわけだから、ファンが混乱するのはしょうがない。

だけどね…。「オマエら、いいかげん大人になれよ!」と言いたいわけだ。あゆだって、そーとーツライ道を歩いて(走って)、今のあゆになったわけでさ、オマエらは(オイラとちがって)それを見てきたんだろう。だったらさ、そーゆーあゆを受け入れてやれってこと。w
答えなんてない 誰も教えてくれない
もしどこかにあるとしたら
君はもう手にしてる
貫くって決めたんなら 思いきり胸張って
顔を上げる事

答えなんてないそんなのどこにもない
ただ今この瞬間だけは二度と戻らない
信じるって決めたんなら
理想と違う答えも
受け止める事(Startin')

2006.06.25 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/570-8e21c71d