FC2ブログ
昨夜(6/14)放送されたテレ東の「知られざる国道の旅3」がオモシロかった。

知られざる国道の旅3

じつは、原千晶さんと磯山さやかさんの「国道439号線」は見損ない、U字工事の「国道152号線」から見た。

国道=酷道の旅wなので、峠を2つ越えた。途中、路線バスに乗ってしまったのがアレなんだけど、その峠が2つとも山道で山岳ガイドが付いていた。最初の峠はともかく、2番目の峠は、山崩れが起こるところなので、ガイドがいないと危ない道だった。

でも、やっぱりいちばんヤバかったのが、安田大サーカスの安田団長と小島よしおさん、尾崎ナナさんの「国道352号線」だ。

70kmの国道を自転車で走るのなら、ふつう1日で走れるはず。オイラ、いちばん最初に見沼代用水を走ったとき、往復で140km走ったから。それに2日かけるなんて、どうかしてるぜ! さらに、なぜかマウンテンバイクで参戦。えっ、ロードバイクじゃないの?

途中、温泉に入ったりして30kmくらい走ったら、国道がなくなり、つくりかけのトンネルとなった。宿の人に聴いたら、途中から横に入る道があってそっちを行くのだそうだ。結局、そこで1泊して、翌日にスタート。そしたら…。

まず、舗装路がダート(未舗装路)になった。マウンテンバイクの理由はコレだった。そして、ダートが山道に…。そこで一句。「自転車を担いで登る登山道」。尾崎さん、泣いてましたね。しかも、山道が、尾根道だったので、アップダウンがハンパない。初めての自転車の旅がコレじゃ。もう、一生、自転車に乗らないだろうな。wwwww

気になったのは、テロップに「トレッキングコースを自転車で通るのは禁止されています」なんて出てたこと。おいっ、だったらどうして通ってるのよ。まあ、撮影のため、地権者の許可を得てるんだろうけどね。w

山道を7kmほど自転車を押すか担ぐかで歩き、ようやく舗装路へ。でも、そのあと、ゴールまで、また30km走ったんだよね。ごくろうさま。

さて、ここで疑問が…。自転車がない方が楽だったんじゃないのか? 自転車はさらなる「酷道」にするためのアイテムだったのでは…。wwwww


出演する女性タレントがいなくなったら、うちの森保まどかを使ってあげてください。弟の影響と『弱虫ペダル』を読んで、自転車に興味をもってますから。団長の本も読んだことあるそうです。



ふだんから、この程度のことはしてますんで、どうぞ。(爆)

2014.06.15 | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5720-62859e77