FC2ブログ
昨日(7/27)の暑さがウソのように、今朝は涼しい。

昨日の東京の14時の気温は33.4℃で相対湿度は63%だった。この場合、絶対湿度(空気1kg中に含まれる水分)は20.9g/kg。不快指数は85.2で「暑くてたまらない」レベル。そして、エンタルピー(空気1kgに含まれる熱量)は87.3kJ/kgもあった。

これが今朝6時には、気温26.4℃で相対湿度58%となった。この場合、絶対湿度は12.7g/kg。不快指数は74.5で「暑くない」レベル。エンタルピーは58.9kJ/kgで30kJ/kg近く下がった。ちなみに、エアコンはエンタルピーを下げるので、エアコンをつけたようだ。

原因は、日本海の西に中心がある高気圧のせいである。



これが北(北東)から冷涼な風を吹かせている。

コイツがいるうちは、深夜から早朝にかけて、多少気温が高くても、窓を開けて外気を取り込んだ方が良い。なぜかというと、エアコンは、室温を下げるよりも、湿度を下げることにより電気を消費する。節電を考えたら、この空気を利用しないわけにはいかないのだ。

さすがに、日が昇ると暑くなるが、蒸し暑くはない。

鉄筋コンクリート造で外断熱の家は、コンクリートの熱容量が大きいので、早めにエアコンを使って躯体を冷やしておいた方がよい。石膏ボードも、コンクリートほどではないが、それなりに蓄熱する(コンクリートの半分)ので、あまり暑くならないうちに、エアコンを使った方が良いと思うよ。

2014.07.28 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5841-bb77a5e5