FC2ブログ
人間は「意味の病」に罹っている。

あるジャーナリストがこんな写真をアップしてこんなことを書いた。


金平茂紀
何だか、「自然からの復讐」という言葉の意味を考えている。広島にて。

タイムラインの写真

オイラは、この文章から、《崩れやすい真砂土(まさつち、まさど)が分布している山の近くの土地まで住宅開発した結果、多くの犠牲者が出る事態が起きた》くらいの意味しか読み取れなかったが、ちがう意味を読み取る人たちがいた。

いちゃもんと言われるかもしれないが、石原慎太郎の『津波は天罰』『我欲を洗い流せ』と同種の傲慢さん[ママ]を感じた。

15:03 - 2014年8月20日


自然災害にも手前勝手な意味を見出す。「意味の病」ですね

15:16 - 2014年8月20日


災害を勝手に自分の物語に持っていく違和感ですかね。

15:25 - 2014年8月20日


前近代的発想ですね。被災された方々を何だと思ってるのか。人柱じゃあるまいし

15:35 - 2014年8月20日

どんどん意味が足されていくな。もとの文章にそんな意味なんてないだろ。…てな感じ。

金平さんは、過去の言説なんかを聴いてると、とても神秘主義者とは思えないので、ホントに自然が怒って復讐したなんて1ミリも思ってないだろう(それは石原慎太郎もいっしょw)。人間が行った乱開発の結果がこうした事態を招いたって、ごくごくアタリマエのことを言いたいだけだと思う。ただ、今回は「自然からの復讐」なんていうレトリックを使ってみただけ。

そこに、「傲慢さ」を見たり、「意味の病」を見たり、「自分の物語」を見たり、忙しそうだな。あなたたちが「意味の病」にかかってるんじゃないですか?って思っちゃうんだよね。

まあ、石原慎太郎は、オレの言ってること(日本国憲法を破棄しろ!など)を聴かないから、地震が起きて津波が来たって言いたかったのかもしれないけどね。w

2014.08.21 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/5887-700ef347