FC2ブログ
沖縄県民の心を傷つけたのはオマエらだろ。

  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古沖(同名護市)への移設問題で、菅義偉官房長官は2015年3月27日午後の会見で、政府と沖縄県の対立の背景に「感情的なもつれがある」という指摘について、

「前政権の迷走によって、沖縄県民の皆さんの心が大きく傷つけられたと思っている。そうした沖縄県民の皆さんの心、気持ちを元に戻して信頼感を取り戻すことはなかなか簡単なことではない」

と述べた。民主党政権時代、鳩山由紀夫元首相が辺野古以外の移転先の見通しが全くたたないままに「最低でも県外」などと発言し、事態をこじらせたことを改めて強く非難した形だ。

「最低でも県外」で「沖縄県民の心が大きく傷つけられた」 菅官房長官が民主党政権を批判

ポッポ(鳩山由紀夫)が悪いってことになっているが、ホントは県外移設だって可能だった。

そもそも国防総省は、グアムに海兵隊を移して、しっかり訓練したいって言ってた。沖縄に海兵隊なんていらない。今の海兵隊は、敵前上陸なんてしない。航空戦力が敵を沈黙させた後、のこのこ上陸するんだぜ。それを、国務省が、日本政府がカネくれるから(思いやり予算w)、沖縄にいようぜって潰したのは有名な話。海兵隊も、グアムで死ぬような訓練させられるのは嫌だから、あまり訓練できない沖縄でサボろうってことになった。w

「思いやり予算」を廃止すれば、アメリカさんの方から出て行くぞ。w

このあたりの事情を知らない連中が「今のまま粛々と工事を進めるべき」とか回答してるけど、沖縄は、もともと独立国(琉球王国)で、その後も日本(薩摩藩)と中国(清)の「両属」だったことを思い出せよ。沖縄が日本を見限ることだってあるんだぜ。

2015.03.28 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6372-4a7043b3