FC2ブログ
国内のおよそ150の動物園や水族館で作る日本動物園水族館協会(JAZA)が、加盟する世界動物園水族館協会(WAZA)から、一部の水族館が「追い込み漁」で捕獲されたイルカを入手していることが倫理規定に違反するとして会員資格を停止され、改善されなければ、除名にすると通告を受け、それを受け入れた。

これについて、長谷川豊さんはこんな記事を書いている。

例のイルカ漁の問題について。

今回の最終的な結論に関しては、日本の動物園や水族館で意見を集めたので、基本的には皆さんで決めた方向性を支持したい。と、言うよりも「やむを得ない」という感想。もう、どうしようもないと思う。これはテレビ大阪の自身のニュース番組内でも述べたのだが…

何があっても話の通じない人間

というのは存在する。これはもうやむを得ない。日本だけでも1億人以上の人間がいる。世界では70億とかもうよく分からない数の人間がいる。教育も受けていない人間も多数いるし、そもそも文化背景が違いすぎる。

何をどうしても話の通じない人間

は多数存在する。その連中に目をつけられたのだ。とにかくイルカが好きでたまらない連中なのだろう。どうしようもなく好きなのだろう。多分、前世、イルカだろう。もしくは、死ぬほど楽しみにしていた鴨川シーワールドのイルカショーをお父さんにねだり続けて、苦節3年。やっとの思いでこぎつけて、楽しみだね~!と走ってシーワールドに行こうとし、

鴨川シーワールドの目の前の道路で交通事故死した人が前世

なのだろう。もう、話なんて通じない。しょうがないと思おう。

イルカ漁問題 ~話の通じない人間は存在する~

長谷川さんは、WAZAは、イルカがかわいそうだから、太地町からイルカを買っている水族館を容認しているJAZAを追放しようとしている、と思ってるんだ。w

しかし、こうしたJAZAの対応は10年前からWAZAから問題視されていた。つぎのコメントは、JAZA前会長の山本茂行・富山市ファミリーパーク園長の話である。

 日本の水族館や動物園は、太地町から安くイルカが手に入れられるので保全への取り組みを棚上げしてきた。WAZAは、2005年に世界動物園水族館保全戦略をまとめ、自然から生物を収奪するのではなく、自然保護センターとしての役割を水族館が果たしていくことを求めた。

 欧米では、野生の生き物を捕まえて飼い、ショーをするということを否定する動きが強まっている。イルカなどの海洋生物は頭がいい生き物ととらえている。そういう世界の動向を分析し、日本の戦略を構築することができていなかった。

 イルカショーは、イルカ本来の行動や習性を伝えるものだったのか、ただの見せ物だったのか。国民の水族館に対する意識も問われる。海洋生態系の保全は国際的にますます重視されつつあり、イルカは問題の一端に過ぎない。

イルカ展示、曲がり角 追い込み漁認めぬ国際組織に残留

こうした種の保存については、水族館よりも動物園の方が熱心のようだ。動物園では飼育動物の90%が繁殖できるのに、水族館では20%くらいしかできていないらしい。

東山動物園の黒邉雅実副園長は「動物園の社会的な使命は展示だけでなく、種の保全にも積極的に関わることだ。絶滅危惧種の繁殖は海外との連携が欠かせず、世界動物園水族館協会から除名されると貴重な機会を失うことになりかねい。問題をうまく解決してほしい」と話していました。

     (中略)

[旭山動物園の前園長]小菅[正夫]さんは、「日本では動物園の90%余りが繁殖させた動物を飼育しているのに対して、水族館ではイルカを含めて繁殖活動があまり行われていない。今回指摘された捕獲方法より、安易に野生の生き物を入れるという発想に問題があり、日本動物園水族館協会は水族館でも繁殖に向けて努力するという姿勢を示して、国際組織に残るべきだ」と指摘しています。

動物園・水族館 イルカ巡り会員資格停止

それ以上に衝撃的なのが、飼育動物の寿命だ。野生では40~50年生きる鯨類の平均寿命が水族館では10年しかないらしい。だから、太地町でどんどん捕獲しないと、ダメなんだな。


これは文化の問題じゃないでしょ。水族館のあり方の問題を文化の問題にスリカエているんだな。長谷川さんはこのような水族館の実態をご存じないのだと思う。知ってて、あんな記事を書いてたら、人間としてダメでしょ。

2015.05.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6463-d02da462