FC2ブログ
いとしこいし(夢路いとし、喜味こいし)の漫才。



これを又吉直樹さんが『火花』でパクったという記事があった。

  芥川賞を受賞し、いまや国民的作家となった又吉直樹氏にも「盗作疑惑」があることをご存知だろうか。発端は、先日、名古屋の元テレビ・ディレクターだった友人からこんなメールが来たことからである。
昨日京都の行き帰りで『火花』を読みました。とんでもないもの(私にしてみれば)を見つけてしまいました。『火花』の57ページから59ページにかけて。主人公の徳永が先輩漫才師であり師匠と仰ぐ神谷に電話するシーンです。

「一緒に飯食おうや」と言われた徳永が、好きなものは「鍋」ですと答えた後のやりとりが、関西漫才の至宝・夢路いとし喜味こいしさんの十八番であった「ジンギスカン料理」からの完全なパクリなのです
  彼は漫才や落語に詳しく、去年(2014年)、立川談志さんを主人公にした小説を上梓し話題になった。その彼が「火花」の中に「盗用」があるというのである。私もうっかりしていたが、たしかにこの漫才は聞いた記憶がある。

 「君が好きな食べ物は?」から始まる話で、「鍋!鍋」と相方がいい、「丈夫な歯ァしとるねェ。ぼくら歯ァ弱いからイカンけどね。あのォ、鉄の鍋と土鍋とどっちがおいしいんですか」と展開していく。「鍋じゃなくて鍋の実を食べるの」「鍋のどこをむいたら実が出てくるの?」。とんちんかんで軽妙なやり取りが絶妙だった。

  盗用は言い過ぎだろうが、何しろ「火花」は芥川賞をとってから200万部を超え、これを掲載した『文藝春秋』は100万部を刷り、雑誌にしては珍しく増刷したというのだから、国民的関心事になっていることは間違いない。その本に「瑕疵」があるというのだから捨ててもおけまい。

又吉直樹「火花」でネタ拝借?作中に夢路いとし喜味こいしの十八番「ジンギスカン料理」

記事を書いた元木昌彦さんも、こーゆーのを見つけて、鬼の首を取ったように、「パクリだ!パクリだ!」と騒ぐのは恥ずかしい行為だが、《大師匠とリスペクトしているのなら、最低限、巻末にでも「あのジンギスカン鍋のやりとりはいとこいさんの漫才から拝借しました」と出典を明らかにするべきだ》と主張している。まあ、そのとおりだな。w

2015.08.23 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6648-f8cebd03