FC2ブログ
例によって、マスコミの過剰報道でこんなことになっている。

  大阪の中学生殺害事件は、少年少女が深夜や未明に出歩いていたことが犯人に狙われるきっかけにもなった。ネット上では、その責任がどこにあるのかなどを巡って議論になっている。

     (中略)

  平田さんは、家族との関係に悩んでおり、友達と外泊を繰り返していたと報じられている。星野さんも平田さんと一緒に夜通し駅前のベンチで過ごすことがあった。それでも、注意する大人はいなかったという。

  元横浜市長の中田宏さんは、この事件についてブログで触れ、「皆で考えましょう。子供の深夜外出、親の責任」と訴えた。

  中田さんは、市長時代の03年、青少年の深夜外出について保護者への罰則規定を青少年保護育成条例に盛り込むよう提唱したことがある。

  首都圏の条例では、23時から翌4時までの深夜に青少年の外出を制限しているが、保護者への努力規定に留まっている。ブログによると、警察が深夜に子供を保護したところ、親は、子供が悪いことをしていないなら放っておいてほしいと言うようなケースが多かったという。中田宏さんは、これでは親としての責任を放棄しているとして、この機会に考えてみるべきだとしている。

  ブロガーの大西宏さんも、子供の深夜外出を許すのは親や社会の保護責任放棄だとして、諸外国のように、「親や社会の保護責任をより明確にする法律を整備する必要があるのでは」とブログで指摘した。

     (中略)

  ネット上でも、「親の責任も大きい」「罰則も検討するべき」といった意見から、「勝手に外出する子はする」「政治の貧困だな」といった指摘まで様々な声が出ている。

  もっとも、「一番悪いのは犯人。そこを見落としてはならない」「危険な前科者は羅列して顔、名前を保育園、幼稚園、小中学校のプリントで配布して欲しい」などと、犯罪抑止を徹底すべきとの声も多い。

深夜に出歩く子供、親の責任は 大阪中1殺害事件でネット論議

子どもが被害者となる殺人事件は激減している。1975年から比べて、就学以前の子どもで1/6、小学生で1/4だ。


子どもの犯罪被害データベース

…というか、日本では殺人事件の被害者が年間に400人前後しかいない。

しかし、よほど殺人事件がめずらしいのか、マスコミが、連日連夜、しつこく報道し続ける。容疑者が捕まるまでは、被害者のことを根掘り葉掘り報道し、なかには家族の悪い情報を垂れ流ししている。容疑者が捕まると、こんどは容疑者のことを根掘り葉掘り…。まったくヒマなのか、他に報道することはないのかね。w

深夜徘徊する子どもを放置するいいかげんな親も罰せよというが、いいかげんな親は、昔からいて、今はジジイ・ババアになってのうのうと暮らしている。深夜徘徊するガキも、昔からいて、今はパパやママになって子どもに「あんなことしたらダメよ」とか言ってるんだろ。なんで、いま罰するんだろうか?

性犯罪者だって、一定の割合、必ず現れる。日本政府は、犯罪者の更生をボランティアに丸投げして税金をほとんど、というよりまったく使わない。それで、犯罪を減らそうとは、どういう了見なのか? なんでもかんでも重罰化すらば(・∀・)イイ!!なんて、アホとしか言いようがない。もっとも、重罰化する前から犯罪は減っているんだけどね。

2015.08.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6650-19b9fb2a