FC2ブログ
再来年の大河ドラマ、主人公が「国人領主」クラスになりましたとさ。w

 2017年に放送されるNHKの大河ドラマが、女優の柴咲コウ主演の『おんな城主 直虎』に決定した。戦国時代に男の名で家督を継いだ“姫”の波瀾万丈な生涯を描く。制作統括と脚本家は、連続テレビ小説『ごちそうさん』をヒットさせた岡本幸江チーフプロデューサー(CP)と森下佳子氏が再びタッグを組む。

 主要なポストを女性陣が担うことになった再来年の大河ドラマ。主人公・井伊直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖にして、徳川家康の重臣・井伊直政の養母。遠江(静岡県)の井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれた。直盛に男子がなかったため、幼くして分家の嫡男・亀之丞と婚約し、次の当主の妻として井伊家を盛りたてるはずだった…。

 ところが、亀之丞は命を狙われ、行方知れずに。いいなずけへの一途な愛を貫き、別の縁談を拒絶して、出家。10年後、亀之丞が生きて帰ってくるも、出家した身では結婚できないという運命のいたずらに翻ろうされ、さらに井伊家は戦のたびに当主を殺されてしまう悲劇に見舞われ、ただひとり残された彼女が「直虎」と名乗って乱世に立ち向かうことになる。

再来年の大河ドラマは女、女、女 『ごちそうさん』脚本家&Pコンビ再び

オイラ的にはオモシロイと思うんだけど、世間が受け入れるかはわからん。w



このような意見が出てくるのは、致し方ない。

戦国時代をあつかった大河でも、秀吉に仕える前の黒田官兵衛とか、安芸(広島県西部)に勢力拡大する以前の毛利元就とか、「国人領主」が主人公のドラマはあった。しかし、「ずっと国人領主のまま」の人っていたかな? 秀吉の陪臣にすぎなかった直江兼続だって、上杉家じゃナンバー2だからね。直虎って、今川氏に仕えたときも、徳川氏に仕えたときも、そんなに偉くなかったからね。

冥帝さんが「キャラがドラマチックであることには異論はない」と書いているように、ドラマチックな人生ではあるんだけど、不幸の連続が「まるで昼ドラみたい」と評価されかねない。

  1.許嫁が謀反の疑いで逃亡、逃亡先で結婚したので、婚期を逃す。
  2.父親が桶狭間で戦死。
  3.許嫁が謀反の疑いで殺される(忘れ形見の直政を引き取る)。
  4.井伊家を支えてきた忠臣がつぎつぎと戦死。

この状態で家督を継ぐわけだから、たいへんだな。

  5.家康に仕えた後も、武田信玄との戦いで苦労。
  6.武田が滅び、直政も成長して、やれやれと思ったら、寿命が尽きる。

苦労するためだけに生まれてきた女性って感じ。一方、直政はというと、

  1.家康に武田軍団を任され「徳川四天王」の一人に。
  2.グンマー(群馬県・箕輪城→高崎城)で12万石の大名に。
  3.彦根藩35万石の祖に(当初は18万石)。

オイシイところはみんな直政に持って行かれるわけですよ。直政がたいへん優秀だったのも事実ですが、彼を育てたのは直虎なのです。ちなみに、ひこにゃん兜は直政の「赤鬼」がモデルです。w

2015.08.26 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6655-034a07b6