fc2ブログ
頭のオカシナ裁判官っているんだな。

 アイドルグループの一員だった少女(17)が男性との交際を禁じた規約に違反したため、グループを解散せざるをえなくなったとして、マネジメント会社などが少女と親に計約510万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。児島章朋裁判官は「アイドルの交際発覚はイメージ悪化をもたらす」として規約違反を認め、少女に計約65万円の支払いを命じた。

 判決によると、少女は2013年3月にこの会社と契約。その際、「異性との交際禁止」「男友達と2人で遊んだり、写真を撮ったりすることは禁止」などとする規約を告げられた。同年7月に6人グループのアイドルとしてデビューしたが、10月に男性との交際が発覚。グループは同月、解散した。

 訴訟で少女側は「アイドルにとって、異性と交際しないことは不可欠の要素ではない」と主張したが、児島裁判官は「女性アイドルである以上、男性ファンの支持獲得に交際禁止は必要だった」と指摘。「解散によって会社は初期投資が回収できなくなった」として賠償を命じた。(千葉雄高)

交際発覚アイドルに賠償命令 「発覚でイメージ悪化」

恋愛禁止なんて公序良俗違反だろ。それとも裁判官がドルヲタなのかも…。

こちらのヲタの方もオカシイと書いている。

男女交際がアイドル解雇の理由としてはギリギリ認められるかもしれない(不当解雇と運営が訴えられたら勝つ可能性がある)けど、アイドルの損害賠償義務は生じない。

大相撲で弱いから解雇された幕下力士が「プロを続けたかった」と損害賠償を求めて勝訴した判例あり、男女交際を理由にアイドル解雇は、運営が敗訴のリスクある。

妾契約も、男女交際を禁じるアイドル雇用契約も、公序良俗に反して契約そのものが無効でしょう。(ナッキー)

2015.09.19 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6697-883c3b22