FC2ブログ
高尾・陣場方面にしばらく行っていたので、ひさびさに奥多摩に来ました。奥多摩駅からバスに乗って中日原のバス停で降り、そこから鷹ノ巣山に登ります。

川に降りてそこを渡り、ふたたび登って稲村岩のコルにつきます。ヘビがいるじゃないですか? ヘビが2匹日向ぼっこしてました。はじめてなので稲村岩にも行ってみました。下を見ると怖い!

そこから一気に登るんですが、いやぁ、たいへんです。途中なんどもあきらめようと思いました。親切にも、途中に高さが書いてある小さなプラスチックの板が置いてあるんですが、それにたよって登っていくと、ないところがある。まだかよって思うと、とても_| ̄|○な気持ちになりました。1200mあたりで男女2人、ヒルメシクイのタワで男1人、女3人、女1人の登山者に会いました。
やっとのことで登ると、晴れ渡ってて、とても眺めがよかったです。大岳山、御前山、三頭山、富士山、七ツ石山、雲取山が見えました。地図を使って、確認していると、登山者が尋ねてきたので、説明しました。ホントはさっき確認したばかりだったんですが…。w

あとは石尾根に沿って奥多摩駅まで降りていきます。石尾根は、石が多いので、そう名づけられたとか。山火事防止のため、ひじょうに広い幅で木が伐採されているところを降りていきます。「水根山」はどこが水根山だったか確認できませんでした。

「城山」と「将門馬場」は、伝説で平将門が山城を築いたところと馬の鍛錬をしたところとなっていますが、史実ではありません。将門馬場と六ツ石山分岐の間に急なところが一か所あるんですが、あとはなだらかなくだりでした。

六ツ石山ではシカ2頭を目撃しました。角がなかったので、メスだと思われます。

三ツ木戸山分岐で道は2つに分かれます。左が古い登山道、右が林道を通る新しい登山道です。このときは古いほうを行きました。直後に、男1人女4人の高齢者グループに追いつきました。後からついていくと、私の熊よけ鈴の音に気づいた人が、先を譲ってくれました。

杉林のなかで登山道が掘れていて、すべりやすくなっていました。2002年の8月にここで転んで複雑骨折して動けなくなっている高齢の登山者をみつけたところです。気をつけて歩きました。

中日原[10:40]―(0:35/0:55)―[11:15]稲村岩[11:35]―(1:40/2:10)―[13:15]鷹巣山[13:45]―(?/0:30)―水根山―(?/1:00)―[15:00]六ツ石山分岐[15:10]―(0:35/0:40)―三ノ木戸山[15:45]―(1:20/1:30)―奥多摩駅[17:05]
  場所[出発時]―(実測/想定コースタイム)―[到着時]場所

◎地図


標高/距離←クリックすると図が開きます。
○距離 14.3km
・鷹ノ巣山 1737m
・水根山 1620m
・城山 1523m
・六ツ石山 1479m
・三ノ木戸山 1177m

2005.12.07 | ├ 登山 過去ログ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/68-f877ec5d