優しい歌を君にあげるよ
永遠を永遠に信じられる様に
だからどうか君は笑っていて
幸せだよと聞かせて
もう一度





MOON / 浜崎あゆみ


さしこ(指原莉乃)&みく(田中美久)
今日はさしこちゃんwの誕生日。
浜崎あゆみの歌の中に“花鳥風月”をうたった歌がある。この“MOON”の「月」、“Depend on you”の「鳥」、“Moments”は「花鳥風月」すべて、“BLUE BIRD”も「鳥」、“Together When...”の「風」など。

これらの歌詞の共通点は、「優しさ」をうたっていることだ。しかも、ここでうたわれる優しさは、尋常じゃない優しさだ。「永遠を永遠に信じられるよう」な優しさって、どんな優しさなんだろうか。

人は自らの弱さを自覚したとき、他者に対して優しくすることができる。「傷つけた心が初めて見せた涙を/この手でそっと拭う勇気もなくってごめんね」←この人は自分が「ヘタレ」だと言っている。

でも、自分が「ヘタレ」だと自覚しているから、他者の過ちを許せたり、悲しみを理解できたりできるのだ。それが「優しさ」ってものなのだ。

さて、本日、誕生日を迎えたさしこちゃんは、かつて「ヘタレ」の代名詞だった。バンジーは跳べない。お化け屋敷で失禁する。ゴリ推しのプレッシャーからラジオ番組でいきなり泣くなど。

いつからこの「ヘタレ」が強くなったのか? HKT48に移籍して、「守るべきものがある私はとても強いからね」(And Then)ってなったようだ。しかし、この前見た動画だと、せっかく“出る”病院で撮ってるんだから、もう少し怖がって欲しかったな。

さしこの「優しさ」は筋金入りだ。まあ、こんな感じ。



まあ、こんな話、知っちゃったら、少々ブサイクでも、誕生日を祝ってあげないといけないなって思ってしまう。w

2015.11.21 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6802-6e59385d