新府城を脱出し、兄・信幸(大泉洋)とともに一族を引き連れ、父・昌幸(草刈正雄)の待つ岩櫃城を目指す信繁(堺雅人)。しかし、田んぼのイネが田植機で植えたのだ、と一目でわかるよ。←細かいことが気になってしまう。私の悪いクセ。wwwww

第2回 決断(あらすじ)

まあ、それはさておき、小山田八左衛門(八田浩司)は、どこを通って、信繁たちに追いついたのでしょうか? 織田・徳川連合軍が狙っているのは、武田勝頼(平岳大)の命だけではないのですよ。武田方の武将だとわかったら、たちまち討ち取られてしまいます。そんなところを、どうやって突破してきたんでしょうか。まさか、ワープ?!wwwww

ピンチの信繁たちを昌幸がカッコよく助けるのなら、織田方の兵でもよかったわけで、なんでわざわざ小山田勢にやらせたんでしょうかね? 不可解です。w ちなみに、八左衛門=行村は、現在の相模原市緑区まで逃げますが、道志川を渡っているところを織田方の兵に狙撃され、討ち死にしました。

勝頼が自害しましたが、若い奥さん(北条氏康の娘)と息子・信勝(母は織田信長の養女)がいません。いっしょに自害したはずなんだけど、忘れられちゃったのかな? このとき、土屋昌恒が大活躍するはずだったのに、この方もいませんでした(この方の活躍で子孫は老中になるんだけど)。跡部勝資(稲荷卓央)だけ目立ってましたね。w

そして、徳川家康(内野聖陽)の腹心の部下となる本多正信(近藤正臣)の登場です。正信は、一向一揆に加わって徳川家から出奔、諸国を流浪し、このころ帰参したんじゃないのかな? 姉川の戦いのころにはすでに帰参していたという説もありますが、いずれにしても彼が活躍するのは本能寺の変の後です。なんで、こんな早く出てくるんだろう。まさか、近藤さんが人気の朝ドラに出てたから、早めに使えば視聴率が上がると思ったのかな? 不可解です。

あと、家康が穴山梅雪(榎木孝明)を「裏切り者」とひどく嫌ってましたが、アンタが裏切らせたんじゃないか!とツッコミを入れたくなりました。

期待して見過ぎているのか、なんかアラばかり気になっちゃいます。

2016.01.17 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6893-e418268c