1/17は阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から21年目ということで、NHKスペシャルで生死を分けた要因について番組がつくられた。

史上初めて震度7を記録し、6,434人が犠牲となった阪神・淡路大震災。

実は21年前の被災直後、“生と死”に関する大量のデータが収集された。死の原因、家屋倒壊の状況、火災の広がり方、救助の動き・・・。これらのデータは耐震補強の重要性など、様々な教訓を導き出した一方で、技術に限界があったため、多くが十分な分析を受けずに残されてきた。

NHKではこれらのデータを再発掘し、最新の分析技術で1月17日に何が起きていたのかを可視化するプロジェクトを立ち上げた。複数のデータに時間経過も組み合わせて、命がどのように奪われていったのか、その全貌を“再現”すると、見落とされていた都市直下地震の“真の姿”が明らかになってきた。発生後1時間以内に犠牲者の8割近くが集中するその意外な原因、揺れから2時間以上たって発生し命を奪う謎の火災、半日以上たっても救助が進まない都市ならではの弱点、見えてきた教訓の多くは今も根本的な対策がとられないままだ。

都市直下地震で命を落とすとはどういうことなのか、その現実を明らかにするとともに、命を守るために今、何をしなければならないのか、考える。

震度7 何が生死を分けたのか ~埋もれたデータ 21年目の真実~

つぎの3つが大きいとのこと。

1.圧死のほとんどが窒息死だった。
2.謎の火災は通電火災だった。
3.救援が遅れた原因は、橋桁が外れて渋滞が起きたから。

1.圧死のほとんどが窒息死だった。

これは初めて知った。胸や腹が柱や梁の下敷きになった場合、内臓破裂や肋骨骨折を起こさなくても、呼吸困難に陥って亡くなる。これを防ぐには、耐震補強が必要で、補助金を出している自治体もあるが、あまり進んではいない。


2.謎の火災は通電火災だった。

これは従来から言われていた。地震直後ではなく、しばらく経って通電した後、火災が起きた。3,000円で買える感震ブレーカーをつければよいのだが、これもあまり普及してはいない。


3.救援が遅れた原因は、橋桁が外れて渋滞が起きたから。

国道2号線を大阪付近から見て行くと、ある場所から渋滞が起きていることがわかる。そこで橋桁が外れ、自動車が走れなくなっていた。そして、友人・知人の安否確認のため被災地に向かう自動車で渋滞が起きていた。また、歩道から溢れた帰宅困難者が交通の妨げになっていた。阪神・淡路大震災の経験があっても、東日本大震災で繰り返された。


NHKスペシャルらしい番組だった。しかし、のど元過ぎれば熱さ忘れるじゃないけど、どうすればいいかわかっているけど、なかなか対応が進まないんだよね。

2016.01.18 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6895-9e6bfa3b