さくちゃん(宮脇咲良)は、自分の名前が古風なので、キラキラネームの方がよかった、などと言っているが、キラキラネームの人はそうではないようだ。w

ながらく独身だった姉が40にして結婚がきまり、すぐに子どもができた。

それは喜ばしいことなんだけど、名前をキラキラネームというか、なんていうか、微妙ネームなんだけど「シャチ」にしたいと言っている。

姉をとめたい

シャチかぁ。それに対してこのような返事が…。

俺の名前は、「騎士」と書いて「ナイト」と読むような、キラキラネームとしては地味な名前だ。キラキラネーム黎明期故の奥ゆかしさだったのかもしれん。今のように「読まない漢字を無理やり突っ込む」だとか「ぼんやりとしたイメージで無理やり読ませる(空をアとよませるような)」ということはない。しかしそんな俺でも人生は地獄だ。毎朝鏡を見て己のブサイクぶりに絶望し、名前を書くときに絶望し、自己紹介して絶望する。

     (中略)

想像してみろよ。取引先に名刺を渡した時の「あっ…」っていう空気を。さらに、「キミくらいの歳で、もうこういう名前なんだねぇ」と言われるその場を。俺はなんて答えればいい?「親からもらった名前です!」って胸をはれると思うか?人間関係は第一印象でほぼ決まるという。その第一印象でいきなり「こいつは…」と値踏みされるのが、初対面の数だけ経験するんだぞ?

人生に何度初対面があるか考えたことがあるか?

俺もキラキラネームだが、人生は暗いぞ。マジでやめろ。

ちなみに、「騎士」と書いて「ナイト」と読むこの方、最近、改名してフツーの名前になったそうだ。

自分の担当するクラスにキラキラネームの生徒がいるとしよう。まず、まちがいなく、読めない。ひょっとして、「光宙(ピカチュウ)」なら、逆に読めるかも知れないが…。そこで、本人に確かめる。本人が、自らのキラキラネームに肯定的なら(・∀・)イイ!!んだけど、そうでないなら、苦痛を強いることになる。

もっとヤッカイなのは、キラキラネームの生徒と同姓の生徒がいる場合。なんかあるたびに、キラキラネームを呼ばなければならない。もし、その生徒が自らの名前に否定的だったら、名前を呼ぶたびに、苦痛を強いることになる。

なので、キラキラネームはやめてほしい。

HKT48にも、「緋杏」と書いて「ビビアン」、「来笑」と書いて「らいら」と読むメンバーがいるが、若いうちはともかく、年とって「緋杏バアさん」「来笑バアさん」になったとき、どう思うんだろうな。「芽瑠バアさん」もね。w

ちなみに、むかし赤軍派の活動家が、革命家の名前を取って、自分の娘に「らいら」って名前をつけたことがあるそうだ。←母親の話なのでまちがっているかもしれないが。その後、改名したかどうかもわからないが、伊藤来笑の名前を聞くたびに、この話を思い出してしまう。

2016.01.30 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

個性の強い名前は、
本人が気にいるか、
本人に合ってるか
など、
当り外れの可能性が高いし、
一生ついてくるから、
思いだけでつけるのは反対、かな。

2016.01.30 22:08 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

オイラの名前は、ごくごくフツーの名前なんだけど、祖父がめっちゃ反対したらしい。理由は、肺結核で早死にした親類と同じ字が使われているから。ところが、父親が、画数がよいと、意地になって変えなかったらしい。

ちなみに、もう1文字は、オイラが4歳のとき、心臓疾患で早死にした叔父と同じ。←こっちは、未来が予想できないので、致し方ないが…。

でも、どちらの人よりも長生きしてるので、関係ないかと…。

2016.01.31 10:53 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6916-26349f6c