FC2ブログ
丸山圭三郎[著]『ソシュールの思想』(岩波書店、1981年)の247~255ページに「外示と共示」という項目があって、本質的言語についての説明がある。

まずは、外示と共示について。

「外示(ディノテーション dénotation)」とは、「意義(シニフィカシオン signification)」のことで、《構成された構造》としてのラング(langue)に見出される意味、辞書に見出される「語」の定義に近い抽象的な意味で、その言語社会によって許容され、沈殿した、いわば歴史的化石としての最大公約数的な意味群である。

これに対して、「共示(コノテーション connotation)」には3つの意味がある。

1つ目は、一言語内の個々の語ないし記号素に宿る個人的・情感的なイメージである。たとえば、「病院」という言葉に対する情感的意味は、幼少期から病院暮らしを強いられた人、家族や恋人を病院で死なせた人、一度も病院通いをしたことのない人では異なる。

2つ目は、一定期間のラングに見出される共同主観的付随概念である。たとえば、ナチス時代のドイツ人は「ユダヤ人はユダヤ人さ」という言葉を使っていたが、前者のユダヤ人は「ユダヤ民族に所属する国民」という外示であり、後者のユダヤ人は「けちで、ずるく、不正直な人間」という共示である。

これらは、いずれも本質的言語ではない。

3つ目は、言語の階層の差から生まれる第二次言語に属し、表現面(シニフィアン signifiant)は既成の第一次言語だが、内容面(シニフィエ signifie)が既存の意味体系にはもともと存在しなかった《意味(サンス sens)》にほかならない。

文学作品のもつ意味というものは、語のもつ常識的な意味によってつくられているのではなく、むしろそれを改変するのに力を貸しているものなのだ。したがって、聞いたり読んだりしている者の側にとっても、あるいは話したり書いたりしている者の側にとっても、主知主義的などのはかり知れない、コトバのなかの思考というものが存在するのである。

ソシュールは、一次的な日常的な言語を止揚した文学言語が第二次言語(本質的言語)であるとは考えず、第二次言語と呼ばれるものにこそ本質的なコトバの姿であり、それが惰性化したものがいわゆる第一次言語(制度的言語)であるという認識を定立化したのだ。

2016.02.06 | | トラックバック(0) | コメント(4) |

twitterではお世話になりました。ただ、

> 文学作品のもつ意味というものは、
> 語のもつ常識的な意味によってつくられているのではなく、
> むしろそれを改変するのに力を貸しているものなのだ。
> したがって、聞いたり読んだりしている者の側にとっても、
> あるいは話したり書いたりしている者の側にとっても、
> 主知主義的などのはかり知れない、
> コトバのなかの思考というものが存在するのである。

・・・ここも引用して欲しかったなあwww

2016.02.06 19:46 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

これ、ツイッターで書き忘れていたのをあとで気づいて入れました。

2016.02.06 22:53 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

ありがとうごさいます。一番効果がありそうな、マラルメの言葉の直後に挿入しました。

2016.02.07 14:20 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

いえいえ、こちらこそ。w

2016.02.07 15:02 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6930-c300af47