FC2ブログ
高校生の書いた論文が世界的に注目されているとの記事。

福島第一原発事故が起きた、福島県の高校生と、他県、他国の外部被曝線量はどれだけ違うのか。福島高校の生徒を中心に216人のデータを比較した英語の研究論文が昨年11月、専門誌に掲載された。オンライン版は無料で公開されており、全世界で3万ダウンロードを超えている。

執筆した福島高校3年の小野寺悠さんと、論文執筆をサポートした東京大大学院の早野龍五教授(物理学)が2月8日、日本外国特派員協会での会見後にBuzzFeed Newsの取材に応じた。

     (中略)

小野寺さんたちは、実際の生活パターンから測ってみたいと考えた。1時間ごとの外部被曝線量を調べることができる個人線量計「D-シャトル」を使えば、それが可能になる。福島高校の教諭のつながりや、事故後に高校で特別講義をするなど交流を深めていた早野さんら科学者のネットワークを使い、比較研究の土台を作り上げた。

     (中略)

調査に参加した216人は2014年6月~12月の期間中、原則として2週間、線量計をつけて生活した。どこにいたか日誌もつけてもらった。データをもとに年間の被曝線量を換算すると、差はごくわずかだった。集団の真ん中にあたる中央値で比較すると、福島県内では0.63~0.97ミリシーベルト、県外では0.55から0.87ミリシーベルト、海外0.51~1.1ミリシーベルトだ。

「福島の外部被曝線量は高くない」 高校生執筆の論文が世界で話題に

論文のタイトルどおり、福島の外部被曝線量は高くないって結論に…。

だけど、これ、東京大学大学院の早野龍五教授がサポートってところがミソ。
早野さんといえば、福島の原発事故では、チェルノブイリ原発事故により得られた知見から予測されたほどの、内部被ばくが認められなかった、という論文を書いた御仁。しかし、その論文は、体重が少ない子どもほど内部被ばく量は不検出になるホールボディカウンター(WBC)を使って測定したデータがもとで、はるかに検出感度がよい尿検査によるものではない、とこの論文を疑問視する人々から批判されている。

この「違う機器を使えば、ちがった結果になったのでは?」ってところ。今回もこれなんだよね。

今回使ったのは、個人線量計「D-シャトル」なんだけど、このような問題点がある。

もっと問題なのは、バラスバッチもD-シャトルも胸部に着けて計測するのです。通常の放射線業務従事者であれば、放射線源は体の前方にあるわけで、胸部に着けていればほぼ正しい計測が可能でしょう。余談ですが、現場では被ばく線量を少なく見せるために、線源に対して背中を向けるということを良くやるのです。これは背中から入射した放射線が、人体で遮へいされてガラスバッチに届く線量は小さくなることを逆用するのです。

しかし、福島では360度の全方向から放射線がやってきます。下からも屋内であれば上からも。当然後ろから来た放射線は体で遮へいされて届きます。胸部の厚みを仮に25センチメートルとすると、セシウム137の水(人体はほぼ水だと考える)に対する半価層は12.1センチメートルですから、個人線量計に届く放射線量は24%、約4分の1に減っているのです。

小保方論文よりひどいデータのごまかし

同じことが、

個人線量計を除染基準に使うことの問題点(PDFファイル)

でも指摘されている。やっぱり「違う機器を使えば、ちがった結果になったのでは?」って論文なんだよね。


あと、比較対象なんだけど、海外はわからないが、国内は、元の英語論文

Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus ―the 'D-shuttle' project―

に地図が載ってるんだけど、なんか赤や黄色(自然放射線が強いところ)ばかり選んでいるような気が…。たとえば、オイラが今測定したわが家(東京都北区)の場合、0.05マイクロシーベルト/時なので、0.44ミリシーベルト/年くらいだ。しかも、エステーのエアカウンターSなので、「D-シャトル」より高く出るはず。

これも比較対象を高めに設定して、福島の値を低めに見せようという姑息さを感じてしまう。

2016.02.13 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/6945-003ee224