ホント、どーなってんの? 自民党…。w

 「自民党はあまり好きじゃないと言うとは巫女(みこ)のくせに何だ。同党の大西英男衆院議員は24日の細田派会合で、衆院北海道5区補選の応援で現地入りした際に会った巫女に難癖をつけた。神社関係者は同党支持と決めつけるような失言。党内では不祥事が相次ぎ、引き締めを求める声が強まっている。

自民・大西氏がまた失言 「巫女のくせに何だ」



「会合終了後、生産者側の立場にいるJA関係者が、山田さんに直接意見を言うと、山田さんは『おまえは何を言ってるんだ!』と激高。『ぶん殴るぞ!』と詰め寄っていました。JA関係者が『殴りたければどうぞ』と言った瞬間、みぞおちあたりに相当な力で2、3発拳を入れた。JA関係者がひるんだと見るや、何も言わずに去っていった。周囲にはマスコミ関係者を含め、十数人残っていましたから、騒然としました」

自民党参院議員が白昼堂々の“暴力沙汰” JA関係者を殴る

「巫女のくせに何だ」の方は、むかし大河ドラマに「葵 徳川三代」というのがあって、石田三成を江守徹が演じていた。なんかミスキャストのような気がするんだけど、その三成の台詞に「おのれ家康! 何様のつもりだ!」ってのがあったんだけど、それを思い出した。

そして、「みぞおちに2、3発」の方は、オイラが中学生の頃、不良の友だちが、同じく不良の先輩に呼び出されて、体育館の裏でヤキを入れられてたことがあった。それ以来の「みぞおちに2、3発」なので、ちょっと笑ってしまった。ヤンキー中坊レベルの国会議員がいるんだな。w


リンクがキレてたら…
自民・大西氏がまた失言 「巫女のくせに何だ」
2016/3/24 19:37

 「自民党はあまり好きじゃないと言うとは巫女(みこ)のくせに何だ」。同党の大西英男衆院議員は24日の細田派会合で、衆院北海道5区補選の応援で現地入りした際に会った巫女に難癖をつけた。神社関係者は同党支持と決めつけるような失言。党内では不祥事が相次ぎ、引き締めを求める声が強まっている。

 大西氏は、補選の必勝祈願で訪れた神社の巫女に自民党公認候補への応援を断られた話を紹介。「巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」と発言した。

 直後にあいさつした細田博之会長は「ハラハラして聞いた。言動には十分注意してほしい」と指摘。大西氏は会合中に発言を撤回した。同氏は昨年6月にも報道機関に圧力をかけるような発言で厳重注意を受けた。

2016.03.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7013-7f693dec