「アインシュタインよりディアナ・アグロン」で炎上w

この問題、まだ続いていたとは知らなかった。w

【衝撃】秋元康の歌詞は「女性蔑視」だとリテラが怒ってるから女性の意識調査をしてみた → 歌詞のような思考の女性が多くいる事が判明

その後、秋元康さんが関わるAKS法務部(AKB運営)からリテラに抗議のメールが届いたようで、リテラは「AKB運営から「名誉毀損及び侮辱罪」「記事を削除せよ」の恫喝メール」というタイトルで、猛反発する記事を掲載しました。

「もし、AKSが名誉毀損訴訟を起こすというなら、堂々と受けて立つつもりだ。そして、公の法廷で積極的に秋元康の歌詞を検証し、それが女性差別、女性蔑視であることを、裁判所に認めさせたいと考えている」。

訴訟になるんですか?wwwww

リテラが女性差別・女性蔑視だとして抜粋した歌詞。

〈難しいことは何も考えない 頭からっぽでいい 二足歩行が楽だし ふわり軽く風船みたいに生きたいんだ〉

〈女の子は可愛くなきゃね 学生時代はおバカでいい〉

〈テストの点以上瞳の大きさが気になる どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない スカートをひらひらとさせてグリーのように〉

〈世の中のジョーシキ 何も知らなくてもメイク上手ならいい ニュースなんか興味ないし たいていのこと誰かに助けてもらえばいい〉

〈女の子は恋が仕事よ ママになるまで子供でいい それよりも大事なことは そう スベスベのお肌を保つことでしょう?〉

〈人は見た目が肝心 だってだって 内面は見えない 可愛いは正義よ〉

「男女共同参画社会」において、この手の歌詞が問題視されるのは、ある程度、想定内のはず。では、なぜ、このような歌詞を書くのか? 歌詞は、作詞者が書き記した言語であり、言語は論理なので、作詞者の頭の程度がわかってしまう。秋元康は、頭がよいので、自然、この手の歌詞も頭の良い女の子の歌詞になっている。

〈難しいことは何も考えない 頭からっぽでいい〉〈世の中のジョーシキ 何も知らなくても(中略)いい ニュースなんか興味ないし たいていのこと誰かに助けてもらえばいい〉とあるが、これは、秋元が48グループのメンバーに求めていることとは、まるでちがう。むしろ、よく考えること、世の中の常識を知ること、ニュースに興味をもつこと、やるべきことは自分でやることを、日頃から求めているのだ。もちろん、それができるメンバーとそうでないメンバーはいる。大島優子や秋元才加は、「卒業」しても、それを実践している。

〈学生時代はおバカでいい〉〈女の子は恋が仕事よ ママになるまで子供でいい〉この2つから上記の行為は期間限定ものであることがわかる。逆を言えば、社会に出たら、おバカでは済まないし、ママになったら、「子ども」じゃダメだ。

〈テストの点以上瞳の大きさが気になる どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない〉〈人は見た目が肝心 だってだって 内面は見えない 可愛いは正義よ〉「男女共同参画社会」などと言っても、男女差別・男女格差は厳然としている。

男女賃金格差の推移
管理職女性比率の国際比較

このような差別・格差のなかで、学校で勉強がよくできた女の子ほど、辛い思いをする。なぜなら、学校では本人の能力や努力次第でなんとでもなるが、企業や家庭ではそうはいかない。そんな現実の中で、女の子がうまく生き抜くための戦略の一つが、「女性差別・女性蔑視」とされる歌詞でうたわれている行為なのだ。

もちろん、差別・格差と徹底的に闘うことも重要だ。そのような立場に立つ女性からしたら、この歌詞は「女性差別・女性蔑視」以外の何ものでもないだろう。だけど、リテラの編集部って、そんなにフェミな場所なのかね。むしろ、いちばんマッチョな論理が貫徹してるんじゃないかと愚考するしだいです。w

記事のなかでも「歌詞のような思考の女性が多くいる事が判明」なんてあるけど、それは「女性差別・女性蔑視」が、なくなりつつはあるが、現実はなくなっていない社会で、どう生きるのか模索しているからだろう。

2016.04.27 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7060-b5c11168