FC2ブログ
長沢背嶺は人があまり行かないところ。そこで行方不明とは…。

 3日午前10時25分ごろ、奥多摩方面に単独で登山に出掛けた東京都武蔵野市の無職女性(62)の夫(64)が「妻が登山に行くと言ったが、帰ってこない」と警視庁武蔵野署に届け出た。

 埼玉県の秩父署によると、女性は4月30日午前8時ごろから、奥多摩町の東日原から酉谷山(標高1718メートル)や天目山(同1576メートル)などに登り、同日に帰宅する行程の登山届を警視庁青梅署奥多摩交番に提出していた。県警山岳救助隊は3日から6人で酉谷山や天目山の登山道を捜索したが、発見には至らなかった。4日午前5時から捜索を再開する。

 女性は紺色のジャケット、青色のズボン、グレーの登山靴、両側に赤色の線が入ったベージュ色のリュックを身に付けていたという。

62歳女性が山岳遭難か 秩父署が捜索、発見できず…4日に捜索再開

東日原から入山したのなら、滝入ノ峰までは急登だが、一杯水(天目山)までは緩やかな登り、酉谷山、水松(あららぎ)山は平坦な巻き道だ。そこから天祖山を通って八丁橋に下山するコースを選んだと思う。水松山から先は、アップダウンのある尾根道なので、高齢女性はあまり行かないのではないのかな?

2000年11月19日(日) 長沢背嶺

水松山から天祖山には梯子坂ノクビレという急登があり、天祖山から八丁橋までは急坂を下りるので、ちょっと怖い。ちなみに、オイラ、天祖山の下りで、登山道を見失い、バスに乗り遅れたことがある。まあ、秋の紅葉で赤いテープを見失ったのが理由なんだが…。

2000年11月9日(木) 天祖山

ほかに、七跳山と酉谷山から小川谷林道に下りる道と、タワ尾根の頭からタワ尾根を通って日原鍾乳洞に下りる道がある。尾根道や巻き道から滑落すると、見つけるのがたいへんだ。見つかって欲しいな。

2016.05.04 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7087-ceec3291