このCMが問題になってるんだって…。w


  ファンションブランド「GU(ジーユー)」のテレビCMが、子供たちの「犯罪の助長」につながるのではないか、そんな意見がBPO(放送倫理・番組向上機構)に寄せられた。

  CMに使われている楽曲は尾崎豊さん(享年27)のヒット曲「15の夜」。3人の女優がキックスケーターで颯爽と滑走する場面で、「盗んだバイクで走りだす・・・」という歌詞が出て来る。

尾崎豊「盗んだバイクで走りだす♪」 CM使用が「犯罪助長」とBPOに意見が

またぞろ尾崎豊ネタ。w

尾崎豊が死んだ後、父と(東大卒の)兄が豊は(妻に)殺されたとか言って、再捜査の署名を求めたことがあった。知人が尾崎のファンだったので、その署名に協力させられた。このころは本当に殺されたんじゃないかと思っていたくらい。w

しかし、尾崎が、入学し、後に中退した渋谷にある某有名私立進学校の教師と知り合いになり、彼の高校時代の話を聞いた。それで知ったのは尾崎の衝動性だった。授業中にバリンって音がすると、みんな「また尾崎か」と思うそうだ。尾崎は、感情が高まると、窓ガラスを正拳で割ってしまうのだ。これは父もテレビで語っていた。境界性パーソナリティ障害なのでは?という精神科医(町沢静夫)もいた。

尾崎のファンはある世代に集中してて、そういった世代が社会で影響力を及ぼせる地位に就くようになったので、尾崎の楽曲がCMで使われるようになった。これは、小田和正や玉置浩二が「復活」したのと似ている。

2001年に25万件近かったバイク盗難は、2010年には7万3500件まで減った。バイクの販売台数が半減したので、バイク盗難も減った。

このCMに影響される人なんてほとんどいないだろう。なぜなら、今の若者は尾崎のファンではないからだ。
尾崎ファン/アンチの最大の誤解は、尾崎豊は進学校に行けるほど頭が良いということだ。兄が東大卒なんだから、兄弟そろって頭はよい。

しかし、尾崎は衝動的な性格だった。だから、窓ガラスを素手で割ってしまうし、ステージから飛び降りて骨折したりしてしまう。尾崎が、クスリに走り、自滅してしまったのもそのためだろう。

もう一つの誤解は、尾崎は歌が下手だということ。CMで高良健吾が“I LOVE YOU”を歌っているが、こっちの方が上手い。w



正直いって、尾崎よりも息子(裕哉)の方が上手い。w



しかし、だからといって、歌が売れるというわけではない。これは、我らが浜崎あゆみや宇多田ヒカルにも言えることで、彼女らは歌が上手いわけではないが、彼女たちでなければ歌は売れなかった。

2016.06.07 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7162-e21e9e70