増田寛也氏の岩県知事時代の借金が問題視されているようだ。
  一方の増田氏にも、知事、とりわけ「東京都知事」としての資質を疑問視する声が出ている。増田氏は1995年に43歳で岩手県知事に初当選。当時は全国最年少の知事だった。07年4月に3期12年の任期を満了して退任したが、地元メディアの増田県政に対する評価は割れている。

  07年4月28日付の岩手日報は、論説記事の中で、増田氏が岩手の知名度アップには貢献したとしながらも、
「しかし、一方で県債残高が約1兆4000億円まで2倍に膨張、岩手競馬では330億円の新たな税金をつぎ込んだ。マニフェストの結果には七十点の自己採点を付けたが、当然ながら県民の評価は分かれるところだ」
などと指摘。07年4月26日付の河北新報も。(1)地方分権改革の先頭に立った(2)自動車関連産業の集積を進めた、といった功績を紹介する一方で、
「県北・沿岸振興や岩手競馬再建では県内首長から『後手に回った』との指摘が相次いだ」
とも報じている。県議会との関係も良好ではなかったようで、伊藤勢至議長(当時)は
「知事と議会は『車の両輪』と言いながら、岩手競馬融資に象徴されるように最初に結論ありきで、両輪として扱われたことはなかった」
と同紙に対して語っていた。

  増田氏が総務相だった08年の参院予算委員会では、田中康夫議員から知事時代に負債が2倍になったことを蒸し返された。増田氏は、
「地方税の収入がなかなか伸びない、あるいは途中でずいぶん落ち込んだ時期もあり、やはり地方経済がうまく立ち行かない」
などと説明しているが、都知事に就任した場合、都の財政を悪化させるのでは、と懸念する声も出ている。

  それどころか、増田氏は総務相在任時に、大都市に流れる法人関連の税収を地方に再配分するための税制改正を行っている。この結果、東京は本来の税収よりも、年間で約1200億~約2000億円の税収減になっている。「東京のカネを地方に流した」わけだ。

  この点を念頭に、秋田県の佐竹敬久知事は7月4日の会見で、
「増田さん苦しいと思うんだな」
「(歴代都知事は)『あれは東京の税金だから地方にやらない』と(言ってきた)。それを今度、増田さん言えるのかな」
などとして、増田氏が都知事になったとしても都民の利益を代表できるかに疑問符をつけた。

小池氏は「カネ」、増田氏は「借金」 「保守分裂」都知事選のアキレス腱

意地悪な記事だね。しかし、岩手県の借金はすべて増田前知事の責任だったのだろうか?
増田氏が岩手県知事を務めた1995~2007年の前半は、消費増税とアジア通貨危機による不況を乗り切るため、公共事業が行われた。岩手県でも、積極的な公共投資が行われ、これが県債の発行となった。

後半は小泉構造改革で「三位一体の改革」が行われた。この特徴は、1)国庫支出金の削減と2)税源移譲による地方分権と、3)地方交付税の削減による財政再建をセットで行うことであった。しかし、財務省が主張する財政再建のみが先行し、中央省庁が税源や国庫支出金を手放すことに抵抗したことで、地方分権は進まなかった。結果的に、2004~06年度の3年間に、税源が3兆円移譲されたが、地方交付税が5.1兆円、国庫支出金が4.7兆円減らされたため、地方財政の疲弊が問題となった。

つまり、記事にある岩手競馬や「県庁株式会社」のような失政もあるが、県財政の赤字すべてが増田前知事の責任ではないだろう。

また、総務大臣時代に行った、大都市の法人税の一部を地方にまわす政策は、「三位一体の改革」で疲弊した地方財政を建て直すための政策であって、必要だからやったのだろう。その際、減収分を地方債で補填することや、東京都が進めていた環状道路整備を国が後押しすることで、石原慎太郎元知事から同意を取り付けたのだが、そのことには触れてないな。w

2016.07.07 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7257-9f74cb27