本当に好きならば きっと追いかけて行ったはず
全てを振り捨てる 強い心が欲しかった






今日はなっちゃん(松岡菜摘)の二十歳の誕生日
遠野物語第二章 ~手紙~

  歌手:あんべ光俊
  作詞:安部光俊
  作曲:安部光俊

あなたへの手紙を 何度書いたことでしょう
飛び立つことのない 送られることのない便り
あの夏は陽炎 求めれば消える幻と
笑い話にして どうして終わりに出来ないの

遠野の町は今日も穏やか 静かに時は流れて
肩を並べて自転車押した 早瀬の路を歩けば

あの空が甦る 切ないほど眩い
水掛け合いふざけた 小烏瀬の瀬よ

自分宛ての手紙 見知らぬ町から出しました
傷つくことをも 恐れない私に出会うため
本当に好きならば きっと追いかけて行ったはず
全てを振り捨てる 強い心が欲しかった

遠野の町の冬の七夕 短冊に願い書いて
紅い炎で空に返すの いつか見せてあげたい

時の流れにまかせ 心解き放します
あなたに書く手紙は 終わりにします

時の流れにまかせ 心解き放します
あなたが幸せなら それでいいから

2016.08.08 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7282-2136df6b