2012年9月5日、ゆいはん(横山由依)のNMB48兼任が発表されたとき、それに反対するNMBヲタが彼女の悪口を某まとめサイトにコメントし、それに怒ったゆいはんヲタが「NMB劇場を爆破する」などとコメントして、逮捕された事件があった。

開示請求
これって事件なのか?

これとよく似た事件があった。2008年6月29日、冗談で「小女子(こうなご)を焼き殺す おいしくいただいちゃいます」と掲示板に書いた男性を、警察が逮捕し、裁判所が有罪判決を出した「小女子事件」だ。詳しくはコチラの記事を読んで欲しい。

小女子を魚というのが悪質という裁判官とそれを支持する者は、問題が全く見えていない

どちらも、たんなるイタズラや頭に血が上った者の不用意なカキコを、「通報厨」が事件化し、それに警察や司法が踊らされ、襲撃・爆破予告をされた組織が過剰反応して、ホンモノの事件になってしまった。


これらの事件と比べたら、津久井やまゆり園事件の植松聖容疑者の殺意は明らかで、なんで警察がスルーしたのか謎である。

 市精神保健福祉課によると、植松容疑者は施設に勤務していた2月18日、職員に「重度障害者を殺す」と発言。施設は翌19日に同署に連絡した。

 同署員が19日に面談した際には「重度障害者の大量殺人は、日本国の指示があればいつでも実行する」と話した。医療機関で診察した医師は「そう病」と診断。緊急措置入院となった。

 同22日の再診察では「大麻精神病」や「妄想性障害」などと診断され、改めて措置入院の処置が取られた。しかし、その後の診察で措置入院の必要性は消失したとされ、3月2日に退院した。

 また県保健福祉局によると、施設側は2月19日に「大変危険な考えだ」と伝えたが、植松容疑者は「自分は間違っていない」と激しく主張、その場で「ならば辞める」と退職願を提出したという。

 植松容疑者は措置入院前の2月14日には衆院議長公邸(東京都千代田区)を訪れ、障害者殺害を予告する内容の手紙を渡そうとしていたことが既に判明している。

「重度障害者殺す」=措置入院時、大麻陽性反応-逮捕の植松容疑者・施設襲撃

彼の書いた手紙は、差別主義と陰謀論に彩られているが、その点を除けば、首尾一貫していて、しかも具体的だ。支離滅裂ではないので、精神病(統合失調症)とは思えない。犯罪の手口も、計画どおりに遂行され、50分間に45人と効率よく合理的に殺害・負傷させている。いわゆる秩序型殺人者で、ある種のパーソナリティ障害なのではないだろうか?

chitoseさんから、反社会性パーソナリティ障害ではなく、素行障害ではないか、という指摘があったので、削除しました。

いずれにしても、事件化する必要のないことを事件化し、事件として処理しなければならないことをスルーしたのは、大きな問題だろう。


リンクがキレてたら…
「重度障害者殺す」=措置入院時、大麻陽性反応-逮捕の植松容疑者・施設襲撃

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら19人が刺殺され26人が重軽傷を負った事件で、殺人未遂などの容疑で逮捕された元同施設職員植松聖容疑者(26)が2月に「重度障害者を殺す」「(施設利用者は)安楽死させるべきだ」などと話していたことが26日、神奈川県や相模原市への取材で分かった。

 施設は発言を受け神奈川県警津久井署に連絡、措置入院させた。この際、大麻の陽性反応が確認されたという。

 県警は26日午後、津久井署に捜査本部を設置。植松容疑者が障害者に殺意を抱くようになった経緯などを調べている。

 市精神保健福祉課によると、植松容疑者は施設に勤務していた2月18日、職員に「重度障害者を殺す」と発言。施設は翌19日に同署に連絡した。

 同署員が19日に面談した際には「重度障害者の大量殺人は、日本国の指示があればいつでも実行する」と話した。医療機関で診察した医師は「そう病」と診断。緊急措置入院となった。

 同22日の再診察では「大麻精神病」や「妄想性障害」などと診断され、改めて措置入院の処置が取られた。しかし、その後の診察で措置入院の必要性は消失したとされ、3月2日に退院した。

 また県保健福祉局によると、施設側は2月19日に「大変危険な考えだ」と伝えたが、植松容疑者は「自分は間違っていない」と激しく主張、その場で「ならば辞める」と退職願を提出したという。

 植松容疑者は措置入院前の2月14日には衆院議長公邸(東京都千代田区)を訪れ、障害者殺害を予告する内容の手紙を渡そうとしていたことが既に判明している。

 植松容疑者の逮捕容疑は7月26日午前2時ごろ、津久井やまゆり園に侵入し、入所者の女性(19)を刃物で刺し殺害しようとした疑い。死亡したのはこの女性を含む19~70歳の男女計19人。捜査関係者によると、同容疑者は「障害者なんていなくなればいい」との趣旨の供述をしている。

 県警によると、午前2時ごろに植松容疑者が施設へ侵入する様子が、防犯カメラに映っていた。1階の窓ガラスが割れて近くにハンマーが落ちており、同容疑者は「窓から入った」と供述しているという。(2016/07/26-20:54)

2016.07.29 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) |

>ある種のパーソナリティ障害なのではないだろうか?

世界中で使われるDSM-5(アメリカ精神医学診断基準第5版)をめくる限り、あえて言えば、例えば「反社会性パーソナリティ障害」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

であるかにまずはみえるでしょうが、「15歳以前に行為障害(素行症)であった必要がある」という項目は当てはまりそうもない。安易に古えの「サイコパス」という診断を持ち込むのもどうかと思います。

「行為障害」というのは「パーソナリティ障害」とは区別されます。

実は最新の第5版で「素行障害(Conduct Disorder)」という診断名が登場していて、かなり近いかと思います。

http://ir.lib.sugiyama-u.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/933/1/7%E5%AE%AE%E5%B7%9D.pdf

この基準だと「過去12ヶ月の間に(行為障害が)存在」すれはいいことにありますから。

ところがこの診断だと、「無計画で衝動的な」という項目があり、今回の事例とは相容れない・・・困ったものです。

幼少時の生育歴についてはまだ報道がないようですが、被虐待児であった可能性も低いかと思います。

このように、最新の診断名を疑えなかったからこそ、措置入院は解除されたのだと思います。まさかあそこまで「計画」を実行に移すとは予想できなかったのでしょうが。

誇大妄想の嫌いはあるとは思いますが、これはかなり最近になって増大したようですから。

2016.07.29 03:55 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

ありがとうございます。やはり生兵法はケガの元ですね。orz

ところで、「無計画で衝動的な行動」は、「代替モデルの反社会性パーソナリティ障害の提案された診断基準」の部分なので、「素行障害」の基準ではないと思うのですが…。

2016.07.29 14:12 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

DSM-5読み返しましたが、その通りです。

でもこれで、「素行障害」、確定ですね。

2016.07.29 17:20 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

ありがとうございます。

2016.07.30 08:46 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7295-142c8c94