平和ボケとは一般的に、憲法第9条の平和主義に拘泥し、国際情勢を見誤ることなのだが、ここでいう「平和ボケ」はちょっとちがう。

 知り合いのイタリア人写真家は、よく8月15日に靖国神社に行って、そのコスプレ右翼たちの写真を撮って展覧会を開いている。

 その写真家は靖国神社で、日本人の参拝者から「あっ白人だ」などと言われ、最初は敵意のある視線を向けられたが、「お前の国はどこだ」と訊かれて「イタリア」と答えたら「じゃあ仲間だ」と急に態度が変わり、こんなこと日本の他の場所ではなかったそうだ。

靖国神社と玉音放送と卒業式

「コスプレ右翼(コスウヨ)」とは、8月15日に日本陸海軍のカッコをして靖国神社に出向き、一般の参拝者にヒンシュクをかっている、カッコだけ右翼の連中だ。

コスウヨも、ネトウヨと同じく、歴史を知らない。イタリアは、連合国に降伏し、さらに日独に宣戦したわけだから、大東亜戦争肯定論から見たら「裏切り者」なのに…。

軍国少女だった母親は当時イタリアを「腰抜け」と罵っていたそうだ。また、マンガ『マカロニほうれん荘』は、ヒトラーの命を受けたオットー・スコルツェニーがグラン・サッソに幽閉されていたムッソリーニを助け出した事件を扱い、ヒトラーに「腰抜けバドリオ」と罵らせていた。ちなみに、バドリオは、ムッソリーニを失脚させた軍人で、首相となって連合国に降伏した。

敗戦が明らかになって寝返ったわけだから、「一億玉砕」のような意味不明なスローガンに酔っていた国とはちがい、マトモだったのだ。


オイラの父親の世代は、当時10代前半だったから、戦場に行くことはなかったが、戦争にムリヤリ協力させられた世代だ。

某国立大学の名誉教授のSさんは、視力が弱かったので、学校で「オマエのような役立たずは、敵が攻めてきたら、手榴弾で自爆して敵を倒せ」と言われ、戦後、その反動で共産党に入党した。

中学生のとき通った塾の教師は、もう少し年上だったので、戦争末期、九十九里浜に連れて行かれた。そこで、「蛸壺」を掘って隠れ、米軍が上陸してきたら、夜陰に乗じて奇襲をかけ、竹槍で米兵を殺せと言われた。「竹槍三百万本あれば列強恐るるに足らず」は、陸軍皇道派の重鎮・荒木貞夫の言葉だが、本気でそう思っていたのだろうか?

祖父が、満州・中国に出張し、帰国後も工場に詰めていたので、父親は空襲時の消火を任されていた。当時は、隣組でバケツ・リレーをして、焼夷弾の火を消せと命じられていた。しかし、1945年4月の城北空襲の際、消火のため配属されていた兵隊が真っ先に逃げたので、バカバカしくなって逃げた。4000人が焼死したが、父親が生き延びたので、オイラはその兵隊には感謝しないとダメだな。

手榴弾で自爆とか、竹槍で戦えとか、バケツ・リレーで消せとか、もうムチャクチャである。ひょっとしたら、戦争中から日本人は「平和ボケ」していたのかも知れない。

2016.08.17 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) |

> ひょっとしたら、戦争中から日本人は「平和ボケ」していたのかも知れない。

この表現、気にいりました。

辻田真佐憲 『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 』(幻冬舎新書 というのが実におもしろいですよ。

戦争へと駆り立てたのが国民が戦争の成果に熱狂する体質をすでに持っていたこと。真珠湾攻撃からしばらくは、大本営発表は正確さを期していて、必要あれば戦果の「下方修正」まで出していたこと。

「日本軍部の」戦争責任ではなくて、「日本国民全体の」戦争責任に言及した、稀有な本です。まさに「平和ボケ」国家ですね。

航空機の成果確認は、もっぱらパイロットの証言に依存した。高速で戦闘しながらの、海上の豆粒のような目標を正確に判断するには、豊富な経験が不可欠だった。そのため、熟練のパイロットが消耗すると、情報の精度はたちまち低下したこと。

こうした事情があったにもかかわらず、現地部隊も、大本営も、その曖昧な情報を厳しく査定しなかった。現地部隊の司令官は、基本的に部下の報告をほとんど疑わなかった。それどころか、大本営で戦果が過小評価された場合には厳重に抗議し、『俺が腹を切って証明する』などと息巻いたこと。

憲兵隊の報告書では、国民が次第に大本営発表の偽りさを疑う投書などが増えていることが報告されていたこと。

単なる「大本営発表」悪玉論を超えているのです。

太平洋戦争の流れを、押さえるべきところは押さえながら、非常にわかりやすく要約してくれてもいる良書ですよ。

2016.08.18 13:18 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

桶川ストーカー殺人事件や北関東幼女連続誘拐殺人事件(足利事件を含む)などの調査報道をしてきた清水潔氏が本日献本された本ですね。w
   ↓
https://twitter.com/NOSUKE0607/status/766209977836982272

同氏が8/25日に『「南京事件」を調査せよ』を出版するようなので、合わせて読んでみたいです。
   ↓
https://twitter.com/NOSUKE0607/status/761717860926312448

2016.08.18 20:06 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

それでは私は『「南京事件」を調査せよ』を読んでみることにします。Kindle版もあるし。8/25発売のようですね。

2016.08.18 23:41 URL | chitose #BXy/Vbyc [ 編集 ]

南京事件については、やや古いのですが、笠原十九司さんの本(岩波新書 新赤版530 1997年)などがあります。清水氏の本は、日テレ「NNNドキュメント」の「南京事件 兵士たちの遺言」に追加取材したものです。たまたまテレビを点けたら、やっていて、そのまま最後まで観てしまいました。

2016.08.19 09:06 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7332-9bda4a2b