準強制わいせつ罪で医師を逮捕するも、被害女性患者がせん妄の疑いという事件。

 東京都足立区の柳原病院は25日、非常勤で働く医師が準強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕されたことを受け、釈放などを求める抗議文をホームページ上で公表した。抗議文では、「全身麻酔手術後患者の訴えのみを根拠とする不当な逮捕」と強く抗議している。【ただ正芳】

 警視庁によると、逮捕された非常勤医師(40)は今年5月、手術を受け麻酔からさめたばかりの30歳代の女性患者に対し、診察を装いわいせつな行為をした疑いが持たれている。逮捕された医師は容疑を否認している。

 一方、柳原病院では、女性患者に関係した職員らに対する聞き取り調査や現場検証などを実施。女性患者の供述については、「全身麻酔による手術後35分以内のことであり、その内容は、手術前の恐怖や不安と全身麻酔で行った手術後せん妄状態での幻覚や錯覚が織り交ざったものと確信する」とした。さらに、わいせつ行為があったとされる時、女性患者は4人の患者と同じ部屋にいた上、部屋には経過観察のため看護師が頻繁に訪れていたという。

 これらを踏まえ柳原病院では、「多くの目がある環境の中で供述の様な事が誰にも知られずに行われたとは考えられない」と結論付けた上で、警察当局に対し、謝罪と捜査の中止、逮捕された医師の釈放を求めている。

「医師逮捕は不当」病院が抗議文- 警視庁に釈放など要望

伯母と知人の手術に立ち会ったが、たしかに手術直後はナースステーションに近い個室に入られて(この病院は個室ではない)、24時間の経過観察を受ける。本当に医師が準強制わいせつをしたのなら、看護師も(この病院は個室ではないので他の患者も)グルということになる。容疑者は、非常勤の医師なので、彼らを黙らせる力なんて持ってないから、アリエナイ話だと思う。

手術を受けた知人から聴いたが、全身麻酔の場合、かけられた瞬間に意識をなくし、目が覚めたら手術は終わっていて、その間、まったく記憶がなく、夢すら見ないらしい。これは手術を受けると自覚しての話なので、意識不明で救急搬送され、手術を受けたりすると、気がついたら、ここはどこ?状態になるだろう。

最近放送されたアニメ「ヤング・ブラックジャック」で、ベトナム戦争で負傷した兵士が、手術で命が助かったにもかかわらず、せん妄を起こして地雷原に突進して死ぬ話があった。高齢者には、せん妄がきっかけで認知症を発症する人もいる。最近は、どの病院もせん妄マニュアルを用意していて、亡父が入院したICUにも置かれていた。

実際に準強制わいせつが行われた可能性は、ゼロではないが、少ないと思う。

2016.08.27 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7351-ee4f2131