建築法では建築主の実名表記を義務づけているが、匿名が増えているらしい。

 新築住宅の工事で、建築主を「A様」などと匿名で表示する看板が目立っている。建築基準法は、建物の所有者を周囲に知らせるため実名表示を義務づけるが、所有者の意向が反映されているという。

     (中略)

 東京都練馬区の丸平建設は、建設中の現場で「A様邸新築工事」の看板を設置する。建築主の欄は「A様」だ。渡辺隆社長は「女性の一人暮らしと知られたくないとの要望に配慮した。防犯の不安からの要望が多い。物騒な世の中を反映している」。

 ハウスメーカー大手の旭化成ホームズ(東京都新宿区)も建築主にイニシャルや名字を表示する。芸能人やスポーツ選手、土地の相続を近所に知られたくない人の相談に応じる。広報担当者は「法律と客の要望のどちらも重要で、対応が悩ましい」と話す。

 住宅評論家の櫻井幸雄さんは「最近、匿名の看板が増えている。不特定多数が見る看板に実名をさらす不安も理解でき、実情に合わせ法の見直しを議論すべき時期ではないか」と話す。国交省建築指導課の担当者は「法律通り実名で表示すべきだ。建築基準法の第一の目的は違反建築物の是正で、看板の匿名表示の確認に手が回っていないのが現状」と話す。(峯俊一平)

住宅工事の看板、建築主の匿名が増加 違法なのになぜ?

オイラが中・高時代につきあっていた女性が近年家を建て替えた。その際、やはり住宅工事の看板が匿名になっていた。理由は上記のとおりなのだろうが、他にも理由がある。

わが家を建て替えたとき、建築主は母親と妹だった。これは、父親が伯母の介護のため別居しており、定期預金の期間(満期になると普通預金になる)の問題などで資金は母親と妹が出したからなのだが、両親が離婚したのではないか?というウワサが近所で立っていたらしい。建築中の家を見に行くのがオイラだったので、近所の人に聴かれたことがあり、「伯母が認知症で、父は介護のため伯母と住んでいる」などと説明せねばならず、メンドくさかった。

そのような理由で匿名が増えているのだろうが、匿名は匿名で、新しい家の持ち主がわからず、近所の人に不安を与えるので、なぜ匿名なのか?と聴かれ、やっぱりメンドくさいのだろうな。w


リンクがキレてたら…
住宅工事の看板、建築主の匿名が増加 違法なのになぜ?
峯俊一平2016年8月27日11時04分

 新築住宅の工事で、建築主を「A様」などと匿名で表示する看板が目立っている。建築基準法は、建物の所有者を周囲に知らせるため実名表示を義務づけるが、所有者の意向が反映されているという。

 東京都内の3階建て住宅の建設現場。工事の概要を示す「確認表示板」で、建築主が空白で、工事名は建築主のイニシャルからとった「ST計画様邸新築工事」だった。

 看板を設置した「三菱地所ホーム」(東京都港区)の広報担当者は「客のプライバシーに配慮した。2003年の個人情報保護法の施行以降、要望は増えている」と話す。

 国土交通省によると、建築基準法は工事の確認表示板に建築主、施工者、設計者の実名表示を義務づける。施行された1950年からの規定で、違反すれば罰金50万円以下の対象になる。担当者は「看板は法的基準を満たした建物を誰が、どの業者を使って建てるか周囲に伝え、騒音など苦情がある場合の連絡先も示す意義がある」と話す。

 東京都練馬区の丸平建設は、建設中の現場で「A様邸新築工事」の看板を設置する。建築主の欄は「A様」だ。渡辺隆社長は「女性の一人暮らしと知られたくないとの要望に配慮した。防犯の不安からの要望が多い。物騒な世の中を反映している」。

 ハウスメーカー大手の旭化成ホームズ(東京都新宿区)も建築主にイニシャルや名字を表示する。芸能人やスポーツ選手、土地の相続を近所に知られたくない人の相談に応じる。広報担当者は「法律と客の要望のどちらも重要で、対応が悩ましい」と話す。

 住宅評論家の櫻井幸雄さんは「最近、匿名の看板が増えている。不特定多数が見る看板に実名をさらす不安も理解でき、実情に合わせ法の見直しを議論すべき時期ではないか」と話す。国交省建築指導課の担当者は「法律通り実名で表示すべきだ。建築基準法の第一の目的は違反建築物の是正で、看板の匿名表示の確認に手が回っていないのが現状」と話す。(峯俊一平)

2016.08.27 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7352-d19fd1e1