いよいよ大河ドラマ「真田丸」もクライマックス(大坂の陣)を迎えるようだ。

物語だと、信繁は梅(堀田作兵衛妹)と春(大谷吉継娘)としか結婚していないように描かれているが、実際の妻は4人いた。



最初の妻が堀田作兵衛の妹で、阿菊(すへ)と於市という2人の娘が生まれた。ただし、於市は後述する高梨内記の娘の子という説もある。阿菊は、作兵衛の幼女となり、信濃国長窪宿(長野県小県郡長和町)の本陣・石合十蔵重定(または道定)に嫁いだ。於市は、九度山に流された父に随行し、その地で死去した。

2人目の妻が、高梨内記の娘(ドラマではきり)で、阿梅という娘が生まれた。この娘がたいへんな美少女で、大坂夏の陣のとき、伊達政宗の重臣・片倉景綱の子・重長があまりにキレイだったので連れ帰ってしまった。のちに信繁の娘とわかったが、いまさら処罰できないので、側室とした。正室が亡くなった後、継室となった。のちに、守信が伊達家に仕官したり、阿菖蒲が片倉定広の正室となるのは、彼女のツテである。

3人目の妻が大谷吉継の娘で正妻の竹林院である。あくり、幸昌(大助)、阿菖蒲、おかね、守信が生まれた。あぐりは蒲生家の重臣・蒲生郷喜の正室となった。幸昌は、大坂夏の陣のとき、豊臣秀頼に殉死した。阿菖蒲は片倉(田村)定広の正室となった。おかねは武将から商人となった石川貞清の妻となり、その縁で貞清は竹林院を生涯にわたって援助した。守信は、片倉重長に引き取られ、片倉守信と名を改め、仙台藩士となった。

4人目の妻が豊臣秀次の娘・隆清院で、顕性院(なお)と幸信が生まれた。母子は、大坂の陣の際には瑞龍院日秀尼(秀次母・秀吉姉)の庇護を受け、捕えられたが、真田信之の助命嘆願で軽い処分ですんだ。顕性院は、佐竹義宣の実弟・多賀谷宣家の側室となり、宣隆が亀田藩主になり岩城宣隆と改名した際に継室となった。幸信は、姉のツテで宣隆に引き取られ、三好幸信(秀次が三好と名乗っていた関係で)と名を改めて出羽亀田藩士となった。

オモシロイのは、早世した於市と秀頼に殉じた幸昌を除いて、子どもたちが(男子も)みな長生きしていることだ。将軍家に弓引いた者の子孫とは思えないくらい寛大な処分だったのは、「日本一の兵」の子として珍重されたかららしい。さすがに明治になるまで、真田を名乗ることはできなかったけどね。

2016.10.04 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7453-4659ee51