FC2ブログ
宇都宮で自爆死した栗原利勝容疑者について、

説明が要領を得ないのは、たんに説明がヘタなのではなく、客観的な事実に基づかないからだろう。彼が記事や電話音源で説明している内容も、裁判記録とは大きく異なっており、これではまったく信用できない。県議や最高裁、法務局への電話音源も、自分に都合のよい話ばかりしていて、都合の悪い事実は無視し、都合の悪い質問では話をそらしたりしていた。

自爆死した容疑者がトンデモ

と書いたが、やはりそのとおりだったようだ。妻側の主張が「日刊ゲンダイ DIGITAL」に載っていた。

 妻サイドは怒り心頭らしい。宇都宮市で起きた元自衛官による連続爆発事件。“自爆死”した栗原敏勝容疑者(72)は、自身のブログに「娘の治療方針をめぐって妻と対立」「退職金2000万円を妻が宗教につぎ込んだ」「自宅が競売にかけられることになった」などと不満を書き込んでいた。

 が、妻をよく知る関係者は「すべて栗原容疑者のウソ」とこう続ける。

「栗原容疑者の三女が01年ごろに統合失調症を発症したのも、原因は栗原容疑者のDVだった。妻と三女に対して殴る蹴る、言葉による暴力を繰り返し、裁判所が保護命令を2回出している。2回というのは相当、DVがひどかったということです」

 裁判所は2012年にDV防止法に基づき、栗原容疑者に対して別居中の妻への接近禁止命令を、14年には離婚裁判で妻の主張を全面的に認めて、計約2000万円の支払いを命じている。

「奥さんは何度も弁護士に相談、三女が父親のそばにいてはダメだということで離婚を決意したそうです。差し押さえたのは(栗原容疑者の)現金700万円だけで、自宅の競売は諦めている。彼が退職後に貯めた老後資金も押さえていません。逆恨みされるのが怖かったので、預貯金以外の請求を取り下げたのです。(栗原容疑者の)ブログに書かれていた内容はすべてデタラメで、妻が退職金2000万円を宗教につぎ込んだというのも作り話。三女が宗教に救いを求めていた時期があったというだけなのです」(前出の関係者)

 それなのに栗原容疑者の作り話を一方的に報じられ、妻サイドはカンカンらしい。近隣住民が言う。

「奥さんはもともと明るい性格でテキパキしていて、宇都宮市内の百貨店で働いていた。娘さんが心の病を患ってからは、家の中から時折ガシャンといった物が壊れる音や、興奮した感じで『死んでやる』なんて叫び声が聞こえてきました」

 元凶は栗原容疑者で、不満のすべてが妄想だったとしたら、背筋が凍る。

宇都宮爆発 元自衛官のブログに妻側が怒り「すべてウソ」

栗原容疑者の主張を信じて、妻や娘の悪口をネットに書き込んでいる連中がけっこういた。オイラ的には、あの文章や電話音源で信じることが信じられないが、騙されやすいんだろうな。

あと、似非科学批判系の人たちが、「妻が新興宗教に入信」という部分に異常に反応して拡散していたのも滑稽だった。「エビデンスを示せ!」って騒ぐ人たちが、裏取りもしないで拡散していたのは、およそ科学的な態度ではないからね。

2016.10.27 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7522-a93d92e9