石巻市に続き、宮城県も控訴するそうだ。

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった宮城県の石巻市立大川小学校を巡る訴訟で、宮城県は30日、学校側の過失を認めて児童23人の遺族に計約14億円を支払うよう市と県に命じた仙台地裁判決を不服として、仙台高裁に控訴する方針を固めた。

 石巻市はすでに控訴を決めており、30日の臨時市議会で、承認する議案を16対10の賛成多数で可決した。

 判決は、津波の到来を知らせる市の広報車の呼びかけを教員が聞いており、「遅くとも津波が到達する7分前までには、危険が迫っていると予見できた」と認定。避難先に選んだ川の近くの小高い場所は津波から逃げ場がなく、「避難場所としては不適切だった」と判断した。

大川小の津波訴訟、宮城県も控訴へ 石巻市は議会が承認

控訴するのは勝手だが、裁判をするなら、生き残って病気療養中とされている教諭を裁判で証言させて欲しい。

教諭の証言をもとにつくられた報告書が、教諭と彼が助けた児童を保護した会社社長の証言と食い違っていたりして、ホントに教諭から聞き取りしてつくったものか、ひじょうに怪しいのだ。

オイラは、教諭に証言させないのは、そのウソがバレるからなのではないか、と疑っている。

2016.10.31 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7528-77c494b7