伊東乾氏が昨日の記事

歴史は科学で学ばないとw

をもとにしたオイラのツイートに反論?してきたような、そうでないような。


「奈良盆地、河内平野、巨椋池はどうなんだよ!ボケ!」ってことかな?

しかし、下図を見ると、古墳時代の豪族も古墳も奈良盆地や河内平野のど真ん中は避けているように見えるが…。



また、平城京は奈良盆地の北端、下図にはないが、藤原京は南端。やっぱり盆地のまん中(大和川流域)は避けているように見える。



難波京は上町台地の北端(大阪城の近く)だし、仁徳陵と応神陵も段丘上。平野のまん中にはない。

巨椋池は、宇治川・桂川・木津川が流れ込んでいて、大雨が降ると周辺は洪水に見舞われていた。



豊臣秀吉が、堤を築いて宇治川の流れを変え、洪水を防ぐとともに、水運に利用したのだった。

2016.11.30 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

本題の趣旨とは外れるんですが…

知ってる地名がほぼ村表記されてるのが
とても不思議な感じです。
巨椋池より北は京都市伏見区ですね、今は。

2016.11.30 21:38 URL | cha-cha #- [ 編集 ]

指月伏見城の築城に合わせて、この土木工事を行ったようです。この城は、慶長伏見地震で倒壊してしまうので、その後、木幡山伏見城が現在の位置に築城されました。伏見区の中心はこっちの方ですね。

2016.12.01 01:17 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/7615-4b056653